連載
» 2011年03月31日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ココで差がつく エグゼクティブのコミュニケーション (1/2)

「関心がある」「気にかけている」という気持ちを伝えれば、信頼関係が深まる。

[新田 龍,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


好印象を与える表現とは

 問題です。次に挙げる定型的なあいさつ文に「もうワンフレーズ」付け加えて、相手により強く好印象を与える表現にしてみてください。

nittabook.jpg 『初対面の3分で誰とでも仲良くなれる本』

(1)面会日時を設定するアポのメール/電話で……

「では、7日の14時からということで、宜しくお願い致します」

(2)相手と対面した場面での第一声……

「はじめまして。 わたし、株式会社○○の○○と申します」

(3)初回訪問も終盤、そろそろ帰るタイミングで……

 「本日はまことにありがとうございました」

 もちろん、いずれもマナーにかなったあいさつですから、このままでもまったく失礼ではありません。 あえて「もう一言だけ」配慮するとしたらどうか、というのがポイントです。特に正解があるわけではなく、いろいろな回答例が考えられます。 例えばこのようなものはどうでしょう。

(1)「当日お会いできますこと、楽しみにしております!」

(2)「本日はお時間を頂けて大変嬉しいです。 楽しみにしておりました!」

(3)「今日は大変勉強になりました! お話を伺えてよかったです!」

 いかがでしたか。 エグゼクティブの皆さんにとっては「当然じゃないの?」と思われる回答例かもしれません。わたし自身、これまで多くのエグゼクティブの方と会い、仕事も一緒にしてきました。その中で「またぜひご一緒したい!」と思える人に共通するのは、まさにこういった一言が自然に出てくることなのです。

 これらに共通するのは、「相手へ積極的な関心を持ち、それに対して率直に自分の気持ちを伝えている」ということ。 専門的な言い方をすれば、「相手の存在価値を承認している」とでも言えるでしょう。 わたしはこの要素を、押さえておくべきポイントの頭文字をとって「3K=感謝、感動、関心」と言っており、常々その重要性を伝えています。

 エグゼクティブという立場になればどうしても、相手が気を遣ってくれる機会が増えます。人によってはそのような環境に慣れてしまって、相手に「3K」を伝えることを忘れてしまいがちです。 しかし「デキるエグゼクティブ」は、いつも自然に相手の気持ちに配慮ができています。 

 例えばこんな場面、身に覚えはないでしょうか。「ということで、キミにはチームリーダーになってもらうことになった。 重責だし大変な時期だが、得ることも多いからキャリアには間違いなくプラスになる。 よろしく頼んだよ」「……はい(うわー また残業が増えるのか…)」

 わたしたちは無意識のうちに、「相手は自分のハナシを聴いてくれているもの」という前提で話をしますし、そうであることを期待しています。しかし実際のところ、例のような「気持ちの上でのすれ違い」は日々発生しているものです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆