連載
» 2011年04月07日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:1万人の諸先輩が語る40代の後悔 (1/2)

人生の収穫期に「忙しい」で終わらず、きちんと成果を刻む方法

[大塚 寿,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


40代は20代、30代の延長にはない

 40代というのは、30代の延長ではありません。もちろん時系列的には20代、30代とつながっているのですが、そこには大きな「断絶」があるのです。まるでマラソンの折り返し地点で、走る方向が180度変わってしまうような人生の転換点を迎えますので、30代の延長のまま過ごしてしまうと失敗してしまいます。

otsukabook.jpg 『40代を後悔しない50のリスト』

 30代と40代の決定的な違いは、後者は「まわりに振りまわされることが加速度的に増える」という点です、会社においても、家庭においても。

 40代の多くは、会社では管理職やリーダー的な役割を求められているため、自分自身の業績はもちろんのこと、メンバーのマネジメントや育成するスキルが、より重要視されるようになるでしょう。家庭においても、30代までは育児だったものが、40代には教育に変り、思春期を迎えた子供への接し方も、一筋縄では行かなくなる時期に違いありません。

 さらにはそれまで人ごとだった親の介護の問題が、グッとリアル感を増すのも40代を迎えた時なのです。

 ひとことで表現すると、「まわりに振りまわされる10年」ということができるでしょう。

もっとチャレンジしておけばよかった――「20%だけは攻める」

 20代で種をまき、30代で育て、40代で収穫期を迎え、その収穫したもので過ごすのが50代、60代というのが人生双六となります。しかし、不幸にも収穫に至らなかった場合でも、敗者復活の再チャレンジに挑むことができることが、40代ならではの特性となります。30代までとは求められるスキルが異なるため、やり直しが利くのです。

 では、50代、60代、そして定年を迎えたビジネスパーソンはそれまでの人生を振り返った時に、どんなことを後悔しているのでしょうか。ビジネス界の諸先輩1万人の声を総合すると、その後悔は40代に集中しているのです。

 しかも、後悔の内容で一番多いのは、「自分の感じるままに、もっとチャレンジしておけばよかった」という“守り”に入ってしまったことを悔いている肉声でした。

 日本企業の場合、どんな優秀であっても、20代、そして30代半ばで自分の好きなことを、好きな方法で行えるチャンスなど滅多にありません。粛々と組織的な役割をこなす業務に終始する日々が、続くのではないでしょうか。そうして、やっと40代になって自由に仕事やそのやり方を、自分で選択できるチャンスを手にするわけです。

 ところが、せっかく手に入れたチャンスにもかかわらず、多くの先人たちは、失敗を恐れ、新しいやり方やチャレンジをすることなく、過去の勝ちパターンや前例に沿って無難な方法を選択してしまったというのです。

 結局“守り”に終始してしまい、当然ながらその結果も凡庸だったことから、次のチャンスを手にすることはできず、そこで一丁あがりになってしまうという結末……。

 それでは、どうすればよかったのでしょうか。「チャレンジせよ」という言葉は簡単です。しかも、みな心の中では、「チャレンジしたい」と思っているはずです。

 しかし、自部門の業績、そして個人的には住宅ローンやこどもの受験、家族の生活のことを考えると、どうしても無難な方法を選んでしまうのではないでしょうか。

 そんなことから、部下や家族を抱える中で100%“攻める”という意識や行動は、実はあまり現実的ではありません。そこで、お勧めしたいのは、まさにパレート最適で「800%は守りでいいから、20%だけは攻める」という発想です。20%くらいならチャレンジする勇気も湧いてくるというものです。

 同様に、40代を送るにあたって自分が大切にしたいことを、ウエイトづけしておくのもいいでしょう。例えば、それを10個くらいリストアップして、ベスト3を選択、その3つをウエイト付けしてみるわけです、自由52%、カネ28%、世にテーゼ20%といった具合に。円グラフにして手帳の最初のページに書くなり、貼るなりしておくと「流される」ことに歯止めが利くようになります。 

 それがぶれない自分づくりに役立つはずです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆