連載
» 2011年04月14日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:英語を学び直す人も押さえるべきは本質 (1/2)

企業の英語公用語化元年といわれる2010年、さまざまな企業が英語への取り組みを発表した。何から始めればいいのかと途方に暮れているビジネスマンのための「えいごのつぼ」。

[関谷 英里子,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


好印象を与える表現とは

 2010年は企業における英語公用語化元年、といわれています。

sekiyabook190.jpg 『えいごのつぼ』

 さまざまな企業が国内だけではなく海外に販売先を求めたり、人材や材料は海外から調達したり、という状態が進む中、英語はもはやビジネスのツールとして必須となっています。そうと分かっていても、なかなか英語を学び直すにも、どこから始めたらいいのだろう、と途方にくれているビジネスパーソンも少なくないのではないでしょうか。

 とはいっても、英語は単なるツールです。自転車や車と同じようなものだ、と割り切って付き合うのでよいかと思います。自分の世界を「日本」と「日本語」だけに限定せずに、英語を多少でも使えるようになれば世界は広がります。英語に「乗る」つもりでむやみに英語教材を買ったり、英会話学校に何十万円も振り込んだりする前に、英語学習の本質に立ち返ってみましょう。仕事と同じで「つぼ」をしっかり押さえたい、というビジネスパーソンに英語の取り組みについて話したいと思います。

英語でのコミュニケーションの3つのポイント

 ・英語コミュニケーションのつぼ

 (1)力強い握手、

 (2)丸暗記自己紹介は大きな声ではっきりと、

 (3)そしてあいづちは「アーハ」

 英語に限らず、ビジネスでは第一印象が大切です。海外の取引先が会社に来たり、こちらから海外を訪問したりしたときに特に気を付けたいのがこの3つのポイントです。

 まずは力強く握手をして自己紹介をします。

 日本人は体が触れる挨拶が普段からありませんから、慣れない方も多いと思いますが、自分が思っているより少し力強いかな、と思う程度がちょうどよいでしょう。

 また初対面の自己紹介はいつも決まったことを言うと割り切って、事前に作成しておきましょう。丸暗記して、それを大きな声ではっきりと言うことがポイントです。英語に自信のない方は早口で、小声で話そうとしてしまい、相手に聞こえません。普段の日本語を話すよりも大きな声で、多少ゆっくりめに話すといいでしょう。

 大きな声ではっきりと話せば、相手に聞き返されて「やっぱり自分の英語は通じていないんだ」と落ち込むリスクはだいぶ削減できます。それでも相手に聞き返されてしまったら、堂々ともう一度、丸暗記してきた自己紹介を言ってみましょう。ただ、聞こえていないから相手は聞き返したまでなので、相手が聞き取れる声の大きさとスピードにすれば通じやすくなります。

 そして、ビジネスでは良い聞き役になることも大切です。「あなたの言うことをきちんと聞いていますよ」ということを表現するためにも、英語のあいづちを打ちましょう。英語のあいづちとは「A-ha = アーハ」です。これも、日本語にはないあいづちですので時々照れてしまって、無言で頭をぶんぶん振っている人を見掛けますが、静かで少し不気味な印象を与えてしまいます。英語になったら、英語のあいづちをしっかりと打ちましょう。「アーハ」と声に出すのがポイントです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆