連載
» 2011年04月19日 07時00分 UPDATE

未曾有の危機に直面したリーダーに求められること:危機のときこそリーダーの出番 (1/2)

リーダーは危機のときこそ求められる存在であり、自身の役割を果たすべき。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!



 3月11日にマグニチュード9.0という大地震が東北・関東地方を襲った。死亡者・行方不明者が2万人を超え、世界でも類を見ないほどの大災害となった。亡くなられた方にご冥福をお祈り申し上げるとともに、1日も早い復興を祈念している。

 地震、津波、原発の問題、どれか1つが起きたとしても大災害であるのに、3つが同時に訪れ、本当に大きな危機が日本を襲っていると。平和馴れしていたわれわれに突き付けられた現実。

 このような未曾有の危機が訪れたとき、リーダーはどう行動すべきか、発言すべきか、数回に分けてお話しできたらと思っている。

危機こそリーダーの真価が問われる

 最初にお伝えしたいことがある。それは、「危機のときこそリーダーの出番」ということである。

 人によっては、「なんでこんなときに自分がリーダーなんだ」「運が悪い」と感じる人もいるのではないだろうか。わたし自身は、リーダーは危機のときこそ求められる存在であり、自身の役割を果たすべきだと考えている。

 何事もうまくいっているときには、実はリーダーはそれほど必要とされていない。リーダーがとやかく言わなくても、現場でうまく回り、業績も順調に伸びていくものである。ただし、そういう平穏なときでも適切な危機感を持ち、不慮の事態に備えておくのがリーダーとも言える。

 リーダーの真価が問われるのは、このような危機、緊急の事態なのである。

 リーダーの役割は、目標を設定し、その方向に向かって組織を変革させていくことである。危機のときこそ、リーダーが求められているのであり、リーダーの哲学や真価が問われる。「危機がきた。ここぞ、自分の出番だ」そのような気構えを常日頃から持っておく必要がある。

何よりもスピード

 危機が起きたときに、リーダーにとってまずもっとも必要なものは何か。「何よりもスピード」である。火事が起きたと考えてほしい。3秒後に行動するか、3分後に行動するか、3時間後に行動するかで結果は大きく変わる。危機が起きた場合、やはりスピードが重要である。

 その際にどんな手順を踏むべきか。次の手順である。

 (1)現状把握

 (2)トップのアナウンス

 (3)専門家を集める

 (4)状況を逐次報告する

 第1に現状把握である。詳細に把握することにあまりこだわらず、大まかに状況を把握する。今回の震災のような場合、生きるか死ぬかの状況であり、そのときには、なぜ地震が起きたかなどの分析はすぐには必要なく、命を守るために現状を大まかに把握することが大切である。企業活動で考えた場合も同じで、何が起きているのか、現状の把握に努める。

 第2に、現状が大まかに把握できたならば、アナウンスをする。これは社外に向けても社内に向けても行う。社外に対しては、何が起きているか、現状を把握して入手した状況を包み隠さず、明らかにする。謝罪すべきところがあるならば謝罪する。そして、今後の手順などについて説明する。社内に対しても同じく現状について知らせるとともに、冷静になるようにアナウンスすることが大切である。

 今回の福島第一原子力発電所の事故を見ていると、トップがメッセージを発するということがまったく後手にまわってしまっている。事故が発生しても東京電力トップの顔が全く見えない。これは致命的なミスである。

 第3に専門家を集め、現状を打開する根本的な解決策を探る。現在は情報が錯綜していて、それがさらに混乱を大きくしている。情報を統制し、コントロールする必要があるのではないだろうか。

 第4に、状況を逐次報告することである。これはリーダー自身が行ってもいいが、スポークスパーソンを立てて行っても構わない。危機のときには状況は刻一刻と変化しており、それをつぶさに把握し、できるだけ多く報告をしていくことが大切である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆