連載
» 2011年04月22日 07時00分 UPDATE

ビジネスマンの悩み相談室:ぬるい部下に悩む上司 (1/2)

今のような変化が激しい時代には、ぬるい社員は生き残ることができない。入社時には優秀だったが、徐々に組織の色に染まり、危機感が薄れ、使命感を持てなくなっていった社員をよみがえらせる、7つのステップ。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!



 周りを見渡すと、「やります」と調子のいいことを言うものの、確認すると何もやっていない、約束をしたのにそれを果たさない、そんな部下がいないだろうか。わたしは彼らを「ぬるい人」と呼んでいる。今回はそのことについて触れたい。

<事例>

 ある消費財メーカー企画部のF部長は、部下のU君のことで頭を悩ませていた。会議でF部長はU君に次のようなことを命じた。

 F部長:U君、C社の○○という商品が流行っているらしい。それについて調べてわたしに報告してくれないか。

 U君:その商品、知っています。分かりました! しっかりと調べていい報告書をまとめたいと思います!

 1週間がたち、U君から何の報告書も上がってこなかったので、F部長はU君に聞いてみた。

 F部長:C社の商品の件だけれど、どうなった?

 U君:あ、先週は1週間ばたばたしていて、全然調べられませんでした。今週中にはまとめて提出します。

 さらに1週間後。U君からは何の報告書も上がってこなかった。

 F部長:報告書の件どうなった?

 U君:すいません、まだ時間がなくて調べられていません。来週までには必ず仕上げます。

 F部長は困り果ててしまった。


ぬるい人とは

 U君は典型的なぬるい人である。口では「やります」「できます」と調子のいいことを言っているが、行動が伴っていないのである。

 ぬるい人とはどういう人だろうか。

 ・何でも「はい」と言う

 ・できないと言い訳を並べ立てる

 ・成果にこだわらない

 ・考えているふりをする

 ・調子のよいことばかりを言う

 ・やるべきことを先延ばしにする

 ・約束したことを守らない

 ・何につけてもいい人でいようとする

 今のような変化が激しい時代には、このようなぬるい社員は生き残ることができない。

 わたし自身は、比較的大きな企業にこのような人が多い傾向があるのではないかと感じている。大きな組織なので、自分がそれほど成果にこだわらなくても、周りの人が助けてくれるのかもしれない。ベンチャー企業では、このような人がいると、経営自体が立ち行かなくなるので、相対的には少ないだろう。

 大企業に多い理由としては、1つには「出る杭は打たれる」という傾向があるからではないかとわたしは考えている。何かほかの人と異なった意見を言うと責められるので、やめておこうと思う。何か目立ったことをやったら、人から疎まれると思ってしまう。もしくは逆に何かを頼まれて断ったら嫌がられるということを、恐れているのかもしれない。

 入社時には優秀かもしれないが、その後徐々に組織の色に染まり、危機感が薄れ、使命感を持てなくなっていく。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆