ニュース
» 2011年04月25日 07時00分 UPDATE

55歳で起業――10分/1000円のヘアカットで新しい価値基準を提案 (1/2)

早稲田大学IT戦略研究所は3月10日、「ビジネスモデル・イノベーション」をテーマに、エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELForum)の「第13回コロキアム」を開催。キュービーネット創業者の小西國義氏が登壇し、「QBハウスが提案する新しい価値基準」をテーマに講演した。

[山下竜大,ITmedia]

 「へアカットだけでいいのではないか?」――小西氏が世の中に問うた新しい価値基準である「QBハウス」は、1996年に神田美土代店からスタートした10分/1000円のヘアカット専門店。2011年3月10日現在、日本国内410店舗、海外54店舗(香港、シンガポール)、合計464店舗を展開しており、2010年の来店顧客数は1300万人に上る。

qb290.jpg キュービーネット創業者 小西國義氏

 QBハウスという店名には、「Quick Barber」「Quick Beauty」「Quality Business」など、さまざまな思いが込められている。小西氏は、「旧態依然とした理美容業界に、一石を投じたいと思った。誰が儲かって、誰が損をしているのか……。理美容業界をコントロールする“Quarter Back”でもありたい」と語る。

 QBハウスというビジネスモデルを思いついた理由を小西氏は、「行きつけのホテル内の理容室で髪を切ってもらっていたときに、タオルを取りに行ったり、ホウキを取りに行ったりと、ムダな時間が多いと感じた。このムダな時間のコストもわたしが支払っており、これを改善できないかと考えた」と話す。

 「わたしは、理容師でも美容師でもなく、理美容店舗の経営をしたこともない、まったくの素人だったことが、この事業を思い付くことができた理由のひとつ。ちょうどIT活用が盛んになった時期でもあり、店舗であるQBハウスをネットワークするという位置づけで、会社名はキュービーネットにした」(小西氏)

 キュービーネットを起業するにあたり考えたのは、まず広告宣伝費を一切かけないことや、店舗づくりにお金をかけないことなど。当初は1店舗あたり1000万円以内でオープンすることを目指した。また行列がお客様を呼んでくれると考え、いかに顧客を並ばせるかも重要だった。そのためには、「びっくりするくらいの値段も必要」(小西氏)だった。

 小西氏は、「カットに特化すれば10分/1000円でできるのではないかと考えた」と話す。そこで、何をなくせば10分/1000円という金額を実現できるのかを徹底的に考えたという。そのためQBハウスには、電話もなければトイレもない。「ないないづくしがQBハウスのビジネスモデル」(小西氏)である。

 もちろんレジを打つ時間ももったいないという理由から、各店舗には券売機が設置されている。小西氏は、「中途半端な金額にして、おつりが必要になると、レジを締めるときに必ず過不足が発生してしまう」と言う。券売機が故障したときのことも考え、券売機を2台設置し、1台が故障した場合、すぐにもう1台に切り替えられる工夫もしている。

 こうした工夫は、理美容師にカットに集中してもらうにはどうすればよいか、考えた結果だ。小西氏は、「理美容師はカットに集中できるので、カットの腕はめきめき上達する。個人差はあるが、QBハウスで1年働くと、一般の理美容店で5年働いたくらいの腕前になる。カットに関しては、一般の理美容室で働く10倍の経験ができる」と話している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆