ニュース
» 2011年05月17日 08時00分 UPDATE

iPadが生み出すマーケティング新戦略:ウイスキーとiPadの組み合わせ アサヒビールのブランディング戦略 (1/2)

ハイボールブームなどを受けて、アサヒビールは「ニッカウヰスキー」のブランド認知向上のためのアプリマーケティングを展開した。iPadに注目した理由とは?

[野崎耕司(ビルコム),ITmedia]

 後編では、まず当社が今年1月に実施したタブレット端末の利用者実態調査から、iPadによるマーケティング活用の有用性をひも解いていく。

図1 図1

 この調査は、2011年1月7日(金)〜2011年1月8日(土)にiPadをはじめとするタブレット端末を所有する成人約500人を対象に、タブレット端末上のアプリを活用したマーケティングがユーザーにもたらす効果を知る目的で実施した。

 調査によると、タブレット端末上でアプリを活用したマーケティングを実施する企業に「好感を抱く」と答えたユーザーは全体の78.1%に上った(図1)。また「アプリを活用したマーケティングを実施する企業を今後も注目したいか」との質問には84.1%のユーザーが「注目したい」と回答した(図2)

 「企業が提供する面白いアプリや面白いアプリ内広告を友人に伝えたいか」という質問に対しては、76.3%のユーザーが「伝えたい」と回答した(図3)

図2 図2

 アプリを活用したマーケティングを実施する企業に抱くイメージは、「先進的だ」(59.8%)、「時流にのっている」(44.3%)、「遊び心がある」(39.6%)、「クリエイティブだ」(39.2%)、「技術がある」(31.5%)、「グローバルだ」(27.0%)という回答結果となった(図4)

 これらの結果から導き出せるのは、iPadをはじめとしたタブレット端末上のアプリを介したマーケティング活動は、顧客心理に一定のプラス効果をもたらすということである。アプリを介したマーケティングに関して「好感を抱く」「今後も注目したい」というユーザーが大半を占めるということは、顧客のロイヤリティを高めることにも結び付いている。

図3 図3

 また調査から分かるように、タブレット端末に顧客との新しいコミュニケーションを積極的に取り入れることで「先進性」のある企業というイメージをもたらしたり、新しい表現を作り出すことで「クリエイティブ」や「遊び心がある」という印象を与えたりすることができる。これはタブレット端末に限らず、デジタルメディア自体が企業イメージを形成する重要なポイントになっていることの表れといえよう。

図4 アプリを活用したマーケティングを実施する企業に抱くイメージ 図4 アプリを活用したマーケティングを実施する企業に抱くイメージ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆