ニュース
» 2011年05月18日 11時08分 UPDATE

ユーザー側からの標準化で日本品質のクラウド環境を目指す (1/3)

見えるクラウドを目指して、新日鉄ソリューションズ、大和総研、パナソニック電工インフォメーションシステムズのユーザー系IT企業主体で、アライアンスクラウド検証センターを開所

[谷川耕一,ITmedia]

属人化を廃しユーザーにガバナンスとコントロールを取り戻す

「クラウドは、ユーザーがまったく意識せずに使えればいいとは思っていません。見えるクラウドを目指して、本日アライアンスクラウド検証センターを開所しました。」

3p290.jpg 左から新日鉄ソリューションズの宮辺裕常務、大和総研の鈴木孝一専務、パナソニック電工インフォメーションシステムズの田中啓介執行役員

 大和総研 専務取締役の鈴木孝一氏は、大和総研ホールディングス、新日鉄ソリューションズ、パナソニック電工インフォメーションシステムズの3社で立ち上げた「アライアンスクラウド検証センター」の開所式の冒頭でこのように述べた。ITシステムの世界は属人化しており、ある種の職人技で成り立っている。クラウドコンピューティングもその1つであり、自分たちではコントロールできないものになっていると指摘する。

 一方で、システムダウンで長時間サービスが停止したり、大規模な情報漏洩事件が発生したりと、専門の技術者を要しているような大手企業でもトラブルは後を絶たない。こういったトラブルの原因は「属人化による、個別最適化の積み重ねからくるものだ」と鈴木氏は言う。個々には最適化されていても、システム全体としては最適化されていない。結果的に大きなトラブルを引き起こす原因になるのだ。この解消には、ガバナンスを実施し、ユーザー側がコントロールすることが重要だ。

 ガバナンス、コントロールを取り戻すためには、「お作法を統一する必要がある」と鈴木氏。統一すると自由が利かなくなると感じるかもしれないが、これは属人化を排することであり、属人化こそが企業の自由を奪っている。ITは所有からクラウドコンピューティングという利用の時代になることは確実であり、さらにその上でガバナンスとコントロールをユーザー側が実現する時代にきている。「今回の検証センターが、そのための第一歩になると」考えているとのことだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆