連載
» 2011年05月26日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:法律は自社を守る「防具」 2つのコツで、ビジネスの法律を身につける (1/3)

法律に関係のないビジネスはない。仕事や経営のスキルが「武器」だとすれば、法律は、ビジネス社会を生き抜くための「防具」。どちらも必要不可欠である。

[白川 敬裕,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


110525book.jpg ビジネスの法律を学べ!!

 突然ですが、みなさんは「法律」について、どのようなイメージを持っているでしょうか?

 「難しそう」

 「自分には関係ない」

 「別に知らなくてもいいのでは?」

 そんなふうに思っている人が多いと思います。

 しかし、法律を知らないで何か問題を起こしてしまった場合、その代償は甚大なものになります。例えば、会社が持っている1000人の個人情報を流出させてしまった場合、その全員から訴えられると、1000万円以上の賠償金を命じられてしまう可能性もあるのです。

 これは一つの例にすぎませんが、とにかく仕事をするうえで法律の知識は必須なものだということは間違いありません。

 例えば、

 ・ お客さまに何かを売るときは民法や消費者契約法

 ・ 商品やサービスを宣伝するときは景品表示法

 ・ 業者と取引するときは商法や下請法

 ・ ブログを書いたりメルマガを発行したりするときは著作権法

 ・ 会社に勤めるときは労働法……

 このように、ビジネスには、たくさんの法律が関係しています。むしろ、「法律に関係のないビジネスはない」、と言った方がいいでしょう。仕事や経営のスキルが「武器」だとすれば、法律は、ビジネス社会を生き抜くための「防具」。どちらも、ビジネスには必要不可欠なものです。

 他方、法律の数は1800以上もあります。これに政府が作る政令などを加えると、法令の数は7000以上にもなります(ですから、六法全書も分厚くなるのです)。

 しかも、法律の条文は、とても読みにくく、私たち弁護士でも、読解に苦労することは、しばしばです。ですから、「法律は難しい」と思われるのは、無理もありません。法律の知識はビジネスに必須、でも、膨大で難しい。では、そんな法律を、どのようにして学べばいいのでしょうか。そのコツは、2つあります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆