ニュース
» 2011年06月21日 07時00分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:「ITを業務の一部に組み込むことで競争優位を確立せよ」――早稲田大学、根来教授 (1/2)

企業の競争力はさまざまな要素が複雑に絡み合っているために、ITと競争優位との関係を明確に示すことは難しい。とはいえ、ITはもはや企業に欠かせない存在であることも事実。根来氏によると、そこでのポイントは、ITがコア業務に埋め込まれているか否かだという。

[岡崎勝己,ITmedia]

ITは競争優位にどう貢献するのか?

negoro.jpg 早稲田大学ビジネススクールディレクター 根来龍之教授

 情報システムと企業の競争力との関係を明確に示すことは難しいとされる。競争優位性はITに加え、人、モノ、金に関するさまざまな要素の集積によって確立されるからだ。とはいえ、企業が他社との差別化を図る上で、ITは欠かせない存在であることは紛れもない事実である。早稲田大学ビジネススクールディレクターの根来龍之教授は、3月3日に開催された「第20回 ITmediaエグゼクティブセミナー」の特別講演で、3社の事例を基にITと競争優位の関係性について自身の考えを明らかにした。

 まず根来氏が取り上げたのが、人材派遣大手のスタッフサービスである。1981年に創業した同社は、当初から技術者派遣や再就職支援などの収益性の高い事業をあえて手掛けず事務職派遣に特化。その背景には、人材派遣業は派遣スタッフが競合他社にも登録することが多く、派遣スタッフのスキルで他社と差別化することが困難という事情があった。

 対して、事務職派遣に特化すれば経営リソースの集中投下によって早期の成長を見込め、その結果、企業の信頼感が増し、より多くの派遣スタッフの登録が期待され、また、各種の媒体を使った大規模な宣伝活動も行えるようになる。事実、この戦略は奏功し、2007年には人材派遣市場の12.5%のシェアを握るまでに成長を遂げている(その後、リクルートのグループ企業となった)。

 そんな同社が事業を行うにあたって最も重視したのが「スピード」である。問い合わせを受けてから25分以内に営業スタッフが客先を訪問し、2時間以内に派遣スタッフの選定を完了する仕組を、PDAとSFAパッケージ、派遣スタッフの情報を格納するデータベースによって整備したのもまさにそのためである。

システムと業務の全体でいかに差別化を図るか

 ここで注目されるのが、個々の情報システム自体の模倣困難性は低く、同様の情報システムは他社でも容易に整備できるであろうことである。だが、根来氏は「同社のビジネスシステム全体をまねるとなることは、極めて難しい。その理由は、ビジネスシステムの構成要素間の相互関係が極めて強いことにある」と強調した。

 例えば、SFAと2時間以内での派遣スタッフの選定という2つの要素は、互いに強い関係性を持っているという。事実、2時間以内に人選を完了するには、できるかぎり早く営業スタッフが顧客の要望を把握し、効率的に選定を行うことが不可欠だ。そして、その実現はPDAを用いたSFAへの顧客ニーズの迅速な入力と、センターでの「求人と登録スタッフとの曖昧な条件に基づくマッチング」システムと運営ノウハウによって支えられている。

 「これらの要素の1つが欠けた場合には、2時間以内の選定は到底できない。各要素の模倣は容易でも、全体の模倣が困難であったからこそ、スタッフサービスは他社と明確な差別化を図ることができた。その実現にあたり事務職派遣に絞って事業を展開したことで、差別化ポイントとそれを追求する仕組を単純化できたこともプラスに働いた」(根来氏)

 根来氏は『CIOのための経営情報戦略』(発行/中央経済社)の中で、企業の差別化につながるビジネスシステムについて、「資源レイヤー」、「活動レイヤー」、「差別化レイヤー」から成る3層で論じている。この著書で根来氏は、企業の差別化は企業活動と保有資源との組み合わせ=仕組によって実現されると説く。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆