連載
» 2011年07月01日 07時00分 UPDATE

人を信じても、仕事は信じるな!:マスタープランがなければ会社は成長しない! (1/2)

会社には「5年後に会社はこうなっている」という長期的な事業計画、マスタープランが必要。「プランが達成できるとか、できないとか」「正しいとか、間違っているとか」そんなことは関係なく、マスタープランがあることが重要という。

[小山昇,ITmedia]

なぜラスベガスは急成長を遂げたのか?

koyamabook.jpg 人を信じても、仕事は信じるな!

 会社にはマスタープランが必要です。「5年後に会社はこうなっている」という長期的な事業計画です。「プランが達成できるとか、できないとか」「正しいとか、間違っているとか」そんなことは関係なく、マスタープランがあること自体が大事です。

 カジノで有名なアメリカ・ラスベガスの人口は、ほんの20数年前まで70万人程度でした(市内、周辺地域含む)。ところが、それから10年のうちに人口が150万人に達するという、世界でも類のない急成長を遂げます。いったい、それはなぜでしょうか。

 もちろん、街が自然に急成長するはずはありません。この成長の陰にはネバダ州がつくった巧妙なマスタープランがあったのです。街を発展させるために、彼らが最初にやったのがたくさんのホテルを作ることです。ここまでは単純なやり方ですが、彼らがじつにうまかったのは「ホテルで利益をあげても、投資をすれば税は取らない」というルールをつくったことです。

 そんなルールができれば、ホテルのオーナーや経営者は当然投資をします。税金で持っていかれるくらいなら、投資をして、さらなる利益を狙ったほうがいいに決まっているからです。

 この話を聞いて、「そんなやり方では税収が増えず、ネバダ州は困るのではないか」と考える人は実に浅はかです。投資をする人が増えれば、雇用が生まれ、所得税収が増える。人口が増えれば、住宅が必要になり、固定資産税も増える。人が生活するにはさまざまな消費活動が伴うので、その他の産業も飛躍的に成長します。

 ホテルの利益から得る税収に比べたら、比較にならないほど巨額のお金がネバダ州に入ってくる。こうしてラスベガスは一気に成長しました。すべてはネバダ州がつくったマスタープランから始まっていることは言うまでもありません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆