連載
» 2011年07月29日 07時00分 UPDATE

人を信じても、仕事は信じるな!:文句を言う人はリーダーに向いている (1/2)

文句は問題意識の表れ。日常の仕事でも、問題意識のない人は「ここを直したほうがいい」「あそこは良くない」などと文句を言ったりはしない。これは社長や会社に対しても同じ。

[小山 昇,ITmedia]

文句は問題意識の表れ

koyamabook.jpg 人を信じても、仕事は信じるな!

 「どんな人をリーダーにすべきですか?」と聞かれることがけっこうあります。そんなとき、わたしは「とにかく、文句を言うヤツをリーダーにするべきだ」と答えます。冗談でも、詭弁でもなく、本気でそう思っています。なぜなら、文句は問題意識の表れです。日常の仕事でも、問題意識のない人は「ここを直したほうがいい」「あそこは良くない」などと文句を言ったりはしません。これは社長や会社に対しても同じです。

 文句を言う人は、いつもどこかで「こうしたほうがいい」「この部分を変えなければいけない」という気付きを持っています。さらに、それを口にすることは、「何かしら良くしよう」と思っています。誤解のないように言っておきますが、「社員の文句をなんでもかんでも受け入れろ」ということではありません。中には素晴らしい意見もあるが、ロクでもない文句もたくさんあります。

 といって、社内に蔓延する文句を放っておくわけにもいきません。そのままにしておいたら、社内の雰囲気は悪くなり、結束力やモチベーションが下がります。社長や幹部が、頭を悩ませるところです。そんなときに役立ついい方法があります。

 文句を言っている人を集めて、そのメンバーに改善をさせることです。

 要するに、文句を言う人たちは、社長のやり方、社内の制度、仕事の進め方などに不満を感じている。そこで彼らに話し合わせ、改善案を出させます。もちろん、それで終わりではありません。

 改善案を出したからには、責任を持って実施させる。案は、実際に体を使って行動し、効果をあげてこそ意味があります。全社員に周知し、徹底するまでのすべてを彼らに任せます。いざ実施する段になると、別の社員や部下から、さらなる文句が上がってきますが、

 もともと、全員が満足する最善の方法なんて、そう簡単に見つかるものではありません。改善チーム(最初に文句を言ったメンバー)が「これからは、こんなやり方をします」と言った瞬間から、新たな非難の雨にさらされる。そうやって彼らは自分で自分の首を絞める結果になる。そんな経験をすると、「やっぱり、元のやり方のほうがいいか……」と思うようになります。

 文句を言う人には、文句を言われる立場にするのが一番です。文句を言われながらも、新しいことを推し進めることができる人はそれこそ真のリーダーになれるし、文句の雨にさらされ、引き下がった人にだって、そこから学ぶことは多いはずです。

 自分の立場だけで文句を言っていた人も、文句を言われる立場になれば、嫌でも周囲のことを考えるようにななりリーダーとして必要な能力が身に付きます。いずれにしても最初から何も言わない人より、正しいにしろ、間違っているにしろ「ああだ、こうだ」と文句を言う人のほうがリーダーに向いています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆