ニュース
» 2011年08月08日 07時27分 UPDATE

FBI、初のiPhoneアプリ「Child ID」をリリース

40秒に1人子どもが行方不明になる米国で、保護者が警察に子どもの写真などの基本情報を連絡できるようにするiPhoneアプリをFBIが公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦捜査局(FBI)は8月5日(現地時間)、子どもの安全をサポートする保護者向けの無料iPhoneアプリ「FBI Child ID」をリリースしたと発表した。FBIがiPhoneアプリをリリースするのはこれが初めてだ。

 米国では40秒に1人、子どもが行方不明になっているという。こうした事故では、子どもに関する情報を迅速かつ正確に警察に報告することが非常に重要だとFBIは言う。Child IDには、子どもの写真と身長や体重などの基本情報を画面に表示できるほか、そうした情報を数クリックで警察当局にメールできる。また、子どもを安全に守るためのTIPSや、緊急事態の対処法などを読むこともできる。

 fbi

 ユーザーがこのアプリに入力したデータをFBIが収集・保管することはなく、データは端末側に保存される。

 現在はiPhoneアプリのみだが、将来的には他のプラットフォーム向けにも同様のアプリを提供していく計画という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆