連載
» 2011年09月14日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:企業内部告発者が生き残るためのガイドブック (1/3)

企業の不正行為を目撃した時どうするか? 真実にすべてを捧げようと思うことは素晴らしいし、正義のために戦うべきだが、その前に、告発した後に起こりうる出来事に備えよう。

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる「企業内部告発者が生き残るためのガイドブック」の要点

110914book.jpg
  • 企業が不正行為を行うと、勇敢な内部告発者が現れ、その犯罪行為を通報することがある
  • 内部告発者は、一般社会に比類なき価値を提供する
  • しかし、多くの場合、企業は内部告発をする人間を信用せず、さらには彼らを傷つけようとする
  • 内部告発者の多くは最終的に、うつ状態や病気になったり、孤独になったり離婚したり、金銭トラブルを抱えたりする
  • もし内部告発者になることを考えているならば、最初に家族に話すこと
  • 人で闘ってはいけない。素早く協力者を見つけ、公表する必要があるか決め、「擁護してくれる仲間」を確保すること
  • 仕事以外の自分の時間に調査は行うこと。さもなければ、会社をクビになってしまう
  • 米国では、企業からの報復から内部告発者を守ることを意図した法律にはほとんど効果がない
  • 内部告発者が陪審裁判を要請し、企業の不正行為の容疑の審理ができるよう、国会議員は「Citizen Enforcement Act(市民の法律執行法)」を可決するべきである

この要約書から学べること

  • 自分の考えに従って行動を取る前に内部告発者が考えるべきこと
  • 企業が内部告発者に対抗する方法
  • 内部告発者が自分自身を守る方法

本書の推薦コメント

 内部告発者は、困難な、時には危険な道を歩みます。本書の中で著者は、企業犯罪を告発し、その過程の中で自分自身を守る方法を教えています。ジェフリー・ワイガンド博士(有名な内部告発者。自身の科学的証言によってタバコ会社に深刻なダメージを与えた)は「内部告発者」という言葉を「良心の人」と言い変えるよう提言しています。名前が何であろうと、内部告発者は多くの場合、勇敢にも自分達のキャリアや暮らし、心の安らぎ、さらには健康すらも犠牲にして官民の不正行為を暴きます。

 そして次の調査結果について考えてみて下さい。従業員の50%が企業の不正行為を目撃していますが、そのわずか40%しかそれについて何らかの行動を取っていません。事例が沢山紹介された参考になる本書を、自分自身を守る術を知る必要のある内部告発者予備軍や、告発者を潰したり黙殺したりすることは間違った事であると知るべき企業リーダーにお勧めします。そしてもちろん、正しい道を進む、内部告発に恐れる必要の無い企業にエールを送ります。

 「社内告発」大変に難しい問題だと思います。告発の意図とは何であるのか? ここに焦点が大きく集まるのですが、「会社の不正を正す」という大義名分の上でそれを行うというのであれば、確かに社会においてそれは評価されるべきことなのでしょうが、正義を貫くはずの告発が、逆にその本人がその企業から犯罪者扱いをされ、自分の社会生活環境をガラリと変えてしまうというリスクがあります。もし、自分に襲いかかるリスクを得てまで許し難い行為を会社が行い、それが将来的に自身の身にふりかかる可能性があるのであれば、告発も1つの方法だと思います。

 しかし、闇雲に個人が企業を相手に告発しても決して勝てるものではありません。本当に告発するのであれば、必ず擁護してくれる第三者を見つけることも大切ですし、長期戦になっても構わないという覚悟も必要になってくるでしょう。「内部告発」というのは言わば自分の人生を賭けた戦いとなる事を考えて行わねばならないのです。

 本書では、そうした「内部告発」についての事例から、その手順について、今後を生き残って行くための策が満載の1冊です。自らの信念を貫き、戦っていく決死の覚悟を持っているなら、まず告発を起こすまでにこの書をじっくり読んでみることをお勧めします。

ジェフリー・ワイガンドVSタバコ産業

 1988年、ジェフリー・ワイガンド博士は研究開発委員長としてタバコ会社であるブラウン・アンド・ウィリアムソン(B&W)社で働き始めました。ワイガンドは、自分の仕事は喫煙者の健康への害が少ないタバコを開発することだと理解していました。しかし、入社した後、自分の本当の役割は、(はっきり言って)偽装行為を行うことだったとすぐに気が付きました。

 B&W社は、喫煙者が起こした訴訟に対し偽装を行うためにワイガンドや他の科学者を雇ったのです。1993年、ワイガンドが喫煙の有害効果に関する研究を行なったため、B&W社はワイガンドを解雇しました。さらに、機密保持契約に同意しない限り退職金は支払わないと通告してきたのです。

 B&W社はワイガンドの信用を傷つけるために最終的に80億ドル以上を費やしましたが、結局のところ、脅す相手を間違えていました。ワイガンドはすぐ、米国のニュース番組の調査報道記者と手を組みました。タバコ産業を相手取った裁判でのワイガンドの証言の1部に基づき、1998年、39の米国州検事が国内のたばこ会社大手4社に対し、2060億ドルの賠償金を原告に支払うよう命じました。

 しかし、ワイガンドはこの内部告発で多大な個人的犠牲を払いました。数多くの殺害の脅しを受けましたし、彼の小さな子どもも同じように脅しにあい、ボディガードを付けて移動しなければなりませんでした。世界で最も有名で、最も能力のある企業内部告発者の1人として、ワイガンドは、自分と同じ困難で孤独な道を進もうとしている人に次のようなアドバイスをしています。

ワイガンド氏の的確なアドバイス

 ・備える−最悪の事態を予期して下さい。ワイガンドは内部告発を「最もリスクが高く、最も危険で、最も刺激的で、最も幻滅する行為」だと述べています。

 ・途中で止めてはならない―内部告発は短距離走ではありません。長距離走です。長期間、専念しなければなりません。

 ・確実に仲間を持つ――自分1人では何もできません。

 ・真実が完全に明らかになるまで、諦めてはいけない――真実を求めて闘うことこそ、企業内部告発が求めていることです。

 ここに書かれている告発の事例はごく一般のものに比べれば確かに極端すぎるくらいに大きな事件であることは間違いがありません。しかし、告発を起こすリスクが本人のみならず周囲の人間にまで影響をおよぼすこと、そして行うからにはそれに対する危機管理をしっかりする事などの本質がここにあると思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆