ニュース
» 2011年11月21日 17時32分 UPDATE

「多くの会社が報復をおそれている」 グリー田中社長、DeNA提訴を説明

DeNAをKDDIと共同で提訴したグリーの田中社長は「日本をけん引していくべきネット業界で違法行為が行われていることに大きな問題意識がある」と述べ、健全な競争環境の確保という観点からただしていくと主張。プロ野球問題にもコメントした。

[ITmedia]
photo 田中社長

 「Mobage」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)に対し、KDDIと共同で10億5000万円以上の損害賠償を求める訴訟を起こしたグリーの田中良和社長は11月21日、都内で会見し「日本をけん引していくべきネット業界で違法行為が行われていることに大きな問題意識がある」と述べ、DeNAによる“圧力”はソーシャルゲーム企業だけではなくサーバ会社などにも及んでおり、健全な競争上、問題が大きいと訴えた。

 DeNAは同日、「訴状が届いておらず、内容を確認しておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます」というコメントを発表した

「多くの会社が報復をおそれている」

photo 公取委による図示=当時の報道資料より

 グリーとDeNAをめぐっては、公正取引委員会が6月、DeNAがソーシャルゲーム企業に対し、グリーが運営する「GREE」に対しゲームを提供しないよう圧力をかけたとして、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出した。

 公取委によると、DeNAはソーシャルゲーム企業に対しGREEにゲームを提供しないよう要請し、従わない場合、その企業がMobageに提供しているソーシャルゲームのリンクをMobageサイトに掲載しないことで圧力をかけていた。DeNAは排除措置命令について争わなかったもようで、8月に命令は確定している。

 グリーによると、命令の確定以降、DeNAへの対応を検討。「公取委が違法と認定した行為であり、損害が確実であるとも認定されているので、上場企業として何らかの損害回復措置を行うのは必要なことだと考えた」(田中社長)という。

 また「ゲーム会社だけでなはく、サーバ会社や広告代理店、決済会社、ポータル企業含め、さまざまな会社からDeNAに同様のことを言われたという連絡を受けていた。そうしたことを強要しているのはビジネスとして大きな損害があり、そのような行為行っているという点をかんがみて提訴した」と田中社長は説明し、「健全な競争環境の確保」という観点からもDeNAをただしていく、と主張した。

 KDDIはau one GREEを共同運営しており、グリーによると「健全な競争環境確保などの趣旨にご賛同いただき」、原告に加わったという。グリーはKDDIとau one GREEを共同運営する一方、DeNAはNTTドコモと提携している。

 グリーによると、DeNAは公取委が立ち入り検査に入った昨年12月以降、こうした行為をやめる方針を示していたが、「その一方で、それ以後もMobageでゲームを提供しているソーシャルゲーム企業がGREEでもゲームを提供しようとすると、これを妨害していると思われる」という。

 ただ、原告にはソーシャルゲーム企業が参加していない。田中社長は「多くの会社がDeNAの報復をおそれており、難しいと思っている会社が多いのが現実だ」という。公取委の排除措置命令で確定しているのは昨年の12月までの行為のため、それ以降についてはグリーが立証していく必要がある。

 損害賠償の請求額はグリーが9億円、KDDIがキャリア手数料分などの1億5000万円だが、「損害額の算定が難しく、堅めに数字を出した」(長谷川泰彦 法務・知的財産部長)として今後請求額が膨らむ可能性があるとしている。

 グリーは釣りゲームの著作権を侵害されたとして東京地裁に提訴しており、現在も争っている。

DeNAのプロ野球参入は……

 DeNAはプロ野球・横浜ベイスターズの買収で合意しており、来シーズンの参入に向けて準備を進めている。だが東北楽天イーグルスを擁する楽天の三木谷浩史社長はDeNAのプロ野球参入を批判しており、グリーは株式会社化する際、楽天が出資した経緯がある。

 田中社長は提訴について「8月に排除措置命令が確定し、専門家を交えて検討していく中で準備がそろい、JH本日の提訴となった。それ以上の意味はない」と説明する。

 ただ、DeNAのプロ野球参入については「球界参入の件についてはわれわれが申し上げる立場にはないが、懸念しているのは、違法行為を行っている会社が、こういうことを行っていてもいいんだと、違法なことをしても競争相手に勝てばいいんだと、それが公に認められることに関しては危惧している」とした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆