連載
» 2011年12月08日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:グローバル時代に身に付けたい洗練されたビジネス英語の極意 (1/2)

ビジネス英語というと構えてしまうが、海外のエグゼクティブの会話に説得力があるのは使っている単語が違うため。そして上達するためには繰り返すこと。相手の心に届くビジネス英語とは。

[関谷 英里子,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 いまや英語はビジネスの世界では共通言語となり、英語が得意であろうと不得意と思っていようと避けては仕事ができない状況である。最近ではさまざまな企業での社内英語公用語化の取り組みも大きな話題となっている。日本企業がグローバルな競争力をつけ、日本人以外の優秀な人材がぜひとも働きたいと思える環境づくりの一環だとわたしは捉えている。

 企業のグローバル化において、必然的な流れといえるだろう。企業がグローバルに展開する中で、人材のグローバル化も叫ばれているのが今の日本のビジネス環境である。そうした流れを受け、もはや英語は「海外との取引がある人だけが使うもの」ではなくなったといえる。仕事をする上で社内外で英語は必要になってきており、またインターネットなどで海外の文献からの情報収集が日常化しているように、ますます英語でのコミュニケーションは必須となってきている。

111208sekiyabook.jpg 「NHK CD BOOK NHKラジオ 入門ビジネス英語 関谷英里子のビジネスに効く英単語101(ワン・オー・ワン)」

 そんな中、「自分の英語は、ビジネスにふさわしい英語になっているだろうか」と悩んでいる人もいると思う。わたし自身、社会人になり総合商社に入社したての頃の英語は、辞書や教科書を暗記したような言い回しばかり。ビジネスの現場ではどうも幼稚で平板な表現になっていたようで、思ったような反応を海外の取引先から得ることができなかった。これが社会人になってから英語をまた熱心に習得しようと思ったきっかけである。

 学習といっても、仕事で英語を使う職場にいたこともあり、もっぱら仕事の現場で身につける手法にした。周りで聞いている人間が思わず引き込まれてしまうような話し方をする、海外のエグゼクティブの英語を注意深く聞くようにしたのである。彼らの英語は何が違うかというと、使っている単語が違ったのだ。現在、同時通訳者として世界のVIPや企業のトップとの仕事の中でも、このことは日々痛感している。

 「ビジネス英語」というとかまえてしまう人も多いようではあるが、実はビジネスの現場で多く使われるボキャブラリーをマスターし、そのポイントをつかめばひとつの単語を変えるだけで、ビジネスで使うにふさわしい英語に変わる、ということをわたしは身をもって実感している。この本ではわたしが実際に仕事で触れた現場でよく使われる英単語の中から、ぐっと英語表現がブラッシュアップされる選りすぐりの101単語を紹介している。

たとえば表現としてはこのようなものである:

  • aim for 15% profitability 利益率15%を目指す
  • aim at increasing the rating by 5% 視聴率を5%上げる
  • report directly to the CEO 社長直属である
  • incorporate a new function in the product 商品に新しい機能を組み込む
  • implement a policy 方針を導入する
  • implementation cost 実装コスト
  • a different perspective 違った視点
  • serious reservation 深刻な懸念
  • ripple effect 波及効果
  • side effect 副作用
  • applicable scope 適用範囲
  • elaborate security measures 入念なセキュリティ対策
  • be under examination 調査中(審査中、検査中)である
  • revisit at a later time またあとで検討する
  • capitalize on the chaos 混乱に乗じる

 例文としては次のようなものを挙げている。

 例文は各ページのダイアローグでも学習できるし、章ごとに設定したUseful Applicationsというページでも復習できる仕組みである。是非活用してもらいたい。

  • What is the sales target for this quarter? この四半期の売上目標はいくらですか。
  • Who do you report to? 直属の上司は誰ですか。
  • The company must provide for emergencies. 会社は緊急事態に備えなければならない。
  • She was hired to replace Mr.Klein, theprevious manager. 前マネジャーのクラインさんの後任として彼女は雇われたのです。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆