連載
» 2011年12月22日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「デキるつもり」の自称・黒字社員に身につけさせたい「絶対黒字感覚」 (1/2)

自分の仕事が会社全体にとって黒字になっているかどうかを判断する「絶対黒字感覚」を身につけ、「デキる」黒字社員を増やす方法とは。

[香川晋平,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


高いつもりで低いのは 会社への貢献

低いつもりで高いのは 自分の給与

 あなたの周りにも、そんな「つもり違い」をしている人が、1人や2人は思い浮かぶのではないでしょうか?

111222kagawabook.jpg 『「デキるつもり」が会社を潰す』

 わたしは公認会計士をしてます。普通、公認会計士というと会社の決算書をチェックするのが仕事ですが、わたしは少し変わっておりまして、従業員の何気ない会話や仕事ぶりを見て「赤字社員」、「黒字社員」を見抜く公認会計士で、昨年『東大卒でも赤字社員 中卒でも黒字社員』を出版しました。

 前著は、入社3年目くらいまでの方が想定読者で、社会人としての基本的な考え方を身につけてもらうために書き上げました。しかし、わたしが最も危ないと感じている赤字社員は、実は30歳前後の方に多く、その特徴は自分では「デキるつもり」になっている自称・黒字社員です。

 「デキるつもり」の自称・黒字社員は、「デキない」赤字社員よりも、会社にとってははるかに問題です。なぜなら、「デキるつもり」な人は、ありがた迷惑なことに、その「つもり違い」な仕事術を入社間もない素直な後輩に広めてしまい、その結果赤字社員が増殖し、会社に大きな損失が発生してしまうからです。拙著『「デキるつもり」が会社を潰す』では、そんな「デキるつもり」を、本当に「デキる社員」に変えるには、どうすればいいのか? を解説しています。

「デキるつもり」の自称・黒字社員はこんな人

 「デキるつもり」の自称・黒字社員は、どんな人なのでしょうか? あなたの周りに次のような人はいませんか?

 ・名刺交換した枚数を自慢する「名刺コレクター」

 ・割引に釣られて必要以上の量を購入し、大量の不良在庫を抱える「まとめ買いの銭失い」

 ・後のクレームをまったく気にせず、詐欺的トークで営業を進める「オーバートークマン」

 ・新人のあら探しが大好きで、女子トイレや更衣室で悪口を展開する「まだ女子中学生」

 ・オフィスにいる時間の長さを誇る「ダラダラ残業推進委員長」

 ・自分の仕事の負担が増えないように、つねに「できない理由」を探す「現状維持型社員」

 このような「デキるつもり」の自称・黒字社員は、会社にとって貴重な4つの資産、「ヒト」「モノ」「カネ」「時間」をムダにしてしまう傾向があります。そんな「デキるつもり」の自称・黒字社員を本当に「デキる」黒字社員に変えるためには、自分の仕事が会社全体にとって黒字になっているかどうかを判断する「絶対黒字感覚」を身につけさせることが必要となります。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆