連載
» 2012年03月26日 08時00分 UPDATE

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:大賀氏のグローバリゼーション完成、映画事業の買収 (1/2)

現地で、トップクラスの優秀な人を採用するには。一流の米国人が安心して、誇りを持って入社する会社とは。これを実現するためにソニーが取った手段とは。

[郡山史郎(CEAFOM),ITmedia]

 既に述べましたように、盛田氏は現地の事業は、現地人がやるべきという思想を持っていました。現地で、トップクラスの優秀な現地の人を採用するには、現地の会社でなければならない。それには、ソニーが現地の会社の仲間入りをしなければならない。前の章で、仲間に入れてももらえる方法が唯一つあるといいました。この、30年前に盛田氏がみたこの夢は大賀氏により実現されます。

 米国で、どんな上流のパーテイにでも招待され、ホワイトハウスにも出入りできるという権利を瞬間的に獲得する方法があります。金と名声と仲間の権利、それは、ウオールストリートで巨万の富を築いても、自動車産業で世界制覇しても得られません。ところがなんと、トップクラスの女優さんと結婚すれば、即座に可能になるのです。

 もし、盛田氏がエリザベステイラーかマリリンモンローと結婚していたら、盛田氏の夢は実現されたでしょう。それだけの魅力を持った人です。しかし盛田氏には、良子夫人がいます。日本には、成功したらトロフィーワイフを手に入れるという習慣はありません。ではどうするか。もうひとつ方法があります。それはハリウッドのメジャースタジオのオーナーになることです。そうしたら、女優さんたちをいつでも引き連れて歩けます

 ハリウッドのスタジオのオーナーは特殊な存在です。名士以上のものがあります。盛田氏以外にそれをなしとげた外国人はメデイア王のマードック氏くらいのものです。米国では役者、とくに映画俳優は特別な地位にあります。二流の役者でも大統領になったり、アクション専門でも州知事になったりするのです。その俳優たちを自在に動かせる人物がスタジオのオーナーです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆