ニュース
» 2012年04月19日 10時46分 UPDATE

TIMEの「世界で最も影響力のある100人のリスト」、ザッカーバーグとペイジは選外

TIME誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版で、IT業界からはAppleのティム・クックCEOやFacebookのシェリル・サンドバーグCOOが選ばれた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米情報誌「TIME」は4月18日(現地時間)、2004年から毎年発表している「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版を公開した。IT業界からは米Appleのティム・クックCEOやNetscape創業者として知られるマーク・アンドリーセン氏が選ばれたが、米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOや米Googleのエリック・シュミット会長、ラリー・ペイジCEOの名前はない。

 「TIME 100」と名付けられたこのランキングは、「われわれをインスパイアし、楽しませ、問題を提起し、世界を変える開拓者や重要人物、指導者」を選ぶというものだ。2011年版では、ザッカーバーグ氏とペイジ氏も選ばれていた。今回はリストにないが、オプラ・ウィンフリー氏のように何度もリストに入る人物もいる。米大統領のバラク・オバマ氏は昨年に続いて2回連続で選ばれた。

 IT業界からは他に、Facebookのシェリル・サンドバーグCOO(最高運営責任者)、米ブログメディアMashableのピート・カシモア氏、ハッカー集団の「Anonymous」などが選ばれた。Appleのスティーブ・ジョブズ氏の伝記を執筆したウォルター・アイザックソン氏もリストに入った。

 リストの人名をクリックすると各人物評が表示される。ティム・クック氏についてはAppleの取締役を務めるアル・ゴア氏が書いており、「スティーブ・ジョブズ氏のような偉大なCEOの後を継ぐのは非常に難しいことだが、ティム・クックは少しもひるまずに」「既にApple全体に自身のリーダーシップを浸透させた」と評している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆