連載
» 2012年04月26日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:辞めて生きる技術 フリーエージェント時代のサバイバルツールを身に付けよう! (1/2)

「自力で稼ぐ力」さえ身に付ければ、何が起きても路頭に迷うことない。そのための小さな一歩を踏み出そう。

[藤井孝一,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 「会社に雇われて生きる」

 そんな生き方がリスクになりました。月々の給料に依存している状況は「給料という生命線を絶たれたらオシマイ」を意味します。

 そして、ほとんどのサラリーマンが「すべてを失ってもおかしくない状況」におかれています。「今の職場や働き方」を当然と思うべきではありません。

 すでに、感じているでしょうが「雇われて働く」という仕事形態は、制度疲労を起こしています。会社という制度が、時代にそぐわなくなりつつあるからです。

会社はビジネススクールになった

120fujiibook.jpg 「辞めて生きる技術」

 すでに、感じているでしょうが「雇われて働く」という仕事形態は、制度疲労を起こしています。会社という制度が、時代にそぐわなくなりつつあるからです。

 もともと、会社とは、大資本を投入してたくさんの従業員を一カ所に集め、たくさんのモノをつくって生産性を上げるシステムでした。しかし、モノが行き渡り、大量生産でモノを作る意味は失われました。今、ビジネスは、頭の中身を「価値」に換えて利益を生み出す時代です。

 そういう仕事は、大人数が一カ所に集まらなくても、ひとりひとりが、ネットでつながっていれば成立します。その証拠に、最近の職場では、誰もが整然とパソコンに向かって仕事をしています。電話も鳴りませんし、来客も少なくなりました。これなら、どこにいても、パソコンさえ開けば仕事ができます。

 「わざわざ「会社に行く」必要などない」と考えた人も少なくないのではないでしょうか?

 終身雇用が崩壊した今、会社に属していれば安泰ではありません。昇進ポストは、限られたエリートにしか与えられません。実際、大半のサラリーマンの給料は、年々下がり続けています。

 もちろん、会社が突然なくなるわけではありません。新陳代謝や世代交代は必要ですので、新卒の採用もしばらくは続くと思います。しかし、いつまでもそこに居座り続けることは困難です。

 こうなると、会社とは、社会人としてのたしなみや、ビジネスの基本を学び、誰もがいずれ卒業するビジネススクールのような存在になるかもしれません。

 もちろん、もはや会社には、利益を生まない人に給料を払い続ける余力は残っていません。出世コースからはずれた人は、ひとたび経営が悪化すれば即リストラ対象になります。

 それでも、われわれは生きていかねばなりません。だから、これまでの「働き方」を見直して、会社に依存せずに生活を維持する道を探すべきです。今から「辞めて生きる道」を模索しておくべきです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆