ニュース
» 2012年04月27日 12時00分 UPDATE

知って、できて、当たり前!?:37歳の常識――転職を考える前に、退職の理由を考えろ

退職したい理由を把握せずに転職すると、転職先でも同じことが起こる。

[大木豊成,ITmedia]

連載「知って、できて、当たり前!? 37歳の常識」について

 37歳は35+2歳なのか、40−3歳なのか?――連載「知って、できて、当たり前!? 37歳の常識」は、40代以降を充実して生きるための100個のルールをまとめた書籍「あたりまえだけどなかなかできない 37歳からのルール」の一部を加筆・修正し、許可を得て掲載しています。


 僕が最初に転職を考えたのは30歳のとき。その後も何度か転職し、39歳でソフトバンクグループに入社した。その転職が今の僕自身に大きく影響しているのは事実だ。

 最近、30代後半の人から転職の相談をよく受けるのだが、退職と転職を混同して話している人が多い。転職をしたいのだろうが、そもそもなぜ今の会社ではだめなのか、退職の理由はなんだったのか、ということが抜け落ちているように思う。

 転職というものは、意識の中では退職の次のステップだ。退職を決意したからこそ、転職活動をし始めるのだと思う。しかし実際には、転職先を決めてから退職の手続きをする人が多いせいか、頭の中でも順序が逆になっている人が多いように思う。転職は精神的にもパワーを伴うものだ。だからこそ、なぜ今の会社を退職するべきなのかをきちんと考えておくことだ。

 あなたはなぜ今の会社を辞めようと思っているのか。上司とそりが合わないのか、給与が納得できないのか。退職の理由は、大きく分けて3つだ。

  1. 仕事に対する不満
  2. お金に対する不満
  3. 人に対する不満

 最も多いのは3の「人に対する不満」だ。上司、同僚、経営者の性格、ものの言い方、指示の仕方、評価基準のあいまいさなど、不満になる要素は数え上げてもきりがないものだ。

 しかし、考えてほしい。どの理由で退職したとしても、その理由は次の職場でも起こり得ることではないだろうか。特に人が理由で辞めるケースは、論理的に辞める理由を整理しておかなければいけない。

 次の職場でもイヤな人がいるかもしれないのだ。職場は人が運営している以上、コミュニケーションミスによる退職は、どんな職場であっても考えられることを忘れてはならない。

 転職を考えるときには、退職について自分なりに整理しておくことだ。それが整理できてから転職について考えるのが望ましいと思う。

あたりまえだけどなかなかできない 37歳からのルール

あたりまえだけどなかなかできない 37歳からのルール

大木豊成著

明日香出版社

1470円(税込み)

40歳を目前にした世代が、悩んだり困ったりしていることに対して、人生経験豊富な著者がアドバイスする。ソフトバンクグループで培った仕事術の他、家族、キャリアなどについて、100項目で指南する。


関連キーワード

転職 | 退職 | 常識 | 人生


関連ホワイトペーパー

コミュニケーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆