連載
» 2012年05月09日 08時00分 UPDATE

ヘッドハンターから見たリアルリーダーとは? :リーダーの人間性に求められるもの (1/2)

リーダーとして長期的に成功し続けていくためには、何が必要か? 米国の億万長者が成功要因として最も多く挙げたのは「誰に対しても誠実である」だった。

[石元聖子(ラストラール),ITmedia]

 前回、今という激動の時代において地域や国を超越した「リアルリーダー」に必要とされる資質について述べました。

 ・自分の属している組織や企業の利益だけを考えるのではなく、世の中全体を良くしていきたい、良い影響を与えていきたいという高い志を持っている。

 ・行動特性として、思っている事、言っている事、やっている事が一致している。

 上記がその要点ですが、今回はリーダーに求められる「人間性」とはどういうものか? について話します。人間性とは辞書を引くと、人間特有の本性、人間として生まれつき備えている性質、人間らしさとなっており、かなり漠然とした印象を持つかと思いますが、ここでは「リーダーの人格」という意味で使っていきます。

 リーダーとして長期的に成功し続けていくためには、何が必要なのでしょうか?

 この質問に対する一つの回答は、「なぜ、この人たちは金持ちになったのか」(ドマス・J・スタンリー著 日本経済新聞出版社)の中で、米国の富裕層に対するアンケート調査の結果が示しています。億万長者が成功要因として最も多く挙げたのは、「誰に対しても誠実である」という答えだったそうです。 

 わたしが携わる仕事でも、経営者層や幹部層の採用においては、この「誠実さ」が非常に重要な要素だといえます。ミドル層(課長職〜部長職)までの採用の場合には、業界経験や実績、豊富な人脈、熱意ややる気などが重視されますが、経営者層、幹部層の採用においては、人格が最も重要な判断基準となる場合が多いのです。

 どういう人物を経営者とするのか、リーダーとするのかによって、その組織のありかたが変わってくるといっても過言ではありません。どんなに高いスキルや能力、そして揺ぎない実績を持っていたとしても、その言動に誠実さを欠き自分勝手な狭い了見である限り、最終的には人がついていきません。そしてその状態が続けば、いずれその組織は崩壊してしまいます。

 誠実さとは、単に嘘をつかない、約束を守るということだけではありません。誠実な人格とは、その人の存在そのものから醸し出される総体的なものです。表面的な人当たりの良さとか要領の良さではなく、普段のものの考え方やその瞬間その瞬間の言動が一致して、はじめてその人に対する心からの信頼が生まれるのだといえます。

 どんなに正論を吐いても、まっとうなことを言ったとしても、それを「誰が」言っているのかが問われます。信用されていない人の言葉であれば何の影響力もなく、誰からも相手にされません。

 しかし、誠実さをもって事を進めても、思い通りの成果を出せなかったり、人に誤解されることもあるでしょう。厳しい環境の中で自分の人間性を「試される」場面も多々あるかと思います。そういうときこそ「試されているのだ」という自覚をもって、常に「それをやることが本当に自分にとって正直なことなのか?」と自分自身に問いかけ、その判断を信じ、逃げずに投げ出さずにやり抜くことで本当の意味での自信がつくのだと思います。 

 特にリーダーは、自分一人の力でリーダーになるのではありません。組織やメンバーがいてこそのリーダーだといえます。自分だけの成功を考えていては、人は本気では動きません。一人ひとりが責任を持ちながらも周囲の人たちの協力を仰ぎ、お互いに助け合いながら仕事を進め、足し算ではなく掛け算にできることこそ組織力なのです。自分だけの成功は結局むなしさを感じるだけではないでしょうか。こうした人間関係のベースとなるものも誠実さなのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆