ニュース
» 2012年05月15日 08時05分 UPDATE

ソニーとパナソニックが有機ELテレビで提携交渉か

ソニーとパナソニックが有機ELテレビ事業で提携し、テレビ用大型パネルの早期量産に向けて協力する交渉に入ったと一部報道。

[ITmedia]

 ソニーとパナソニックが有機ELテレビ事業で提携交渉に入ったと、5月15日付けで日本経済新聞が報じた。両社で技術を持ち寄り、テレビ用大型パネルの早期量産に向けて協力するという。提携が実現すればソニーとパナソニックが主力事業で提携する初のケースになるとしている。

 韓国のSamsung ElectronicsとLG Electronicsはともに、55インチの有機ELテレビを年内に発売する方針。一方、パナソニックは2013年度以降に50インチ以上の有機ELテレビを発売する計画を打ち出している。

 ソニーの平井一夫社長は4月の経営方針説明会で、有機ELなど次世代テレビ技術では他社との提携も視野に入れるとの方針を示していた。ソニーは4月、有機ELテレビの量産で台湾台湾AU Optronics(友達光電)と提携交渉をしていると報じられた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆