ニュース
» 2012年05月21日 12時16分 UPDATE

Apple、データセンターを100%再生可能エネルギー稼働に

AppleがiCloudやSiriのサービス提供のために構築したデータセンターは、将来的にすべて完全に再生可能エネルギーで稼働するようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月17日(現地時間)、同社の環境への取り組みを紹介する公式サイト「Appleと環境」に、データセンターにおける再生可能エネルギー利用に関するページ(英語版)を追加した。2012年中に、ノースカロライナ州メイデンのデータセンターを完全に再生可能エネルギーだけで稼働できるようにするという。

 apple 1 Data Centers and Renewable Energyのページ

 このデータセンターで使用する電力は、60%が同社が近隣に建設中の太陽光発電システムと燃料電池から、40%が地域の再生エネルギー提供企業からのものになる。Appleの発電施設は、エンドユーザーが保有するものとしては米国最大の規模という。

 apple 2 データセンターの近くに建設中の太陽電池システムは広大だ(緑の部分)

 AppleがiCloudやSiriのサービス提供のために5億ドル以上を掛けて建設した同データセンターの広さは約4万6000平方メートル。屋根に日光反射率を最大限に高めるために白いクールルーフ設計を採用したり、照明はモーションセンサー付きのLEDにするなど、エネルギー効率を高めるためのさまざまな工夫がされており、米グリーンビルディング協会(USGBC)による建築評価プログラム「LEED」のプラチナ認定を与えられた。

 apple 3 クールルーフ設計を採用したデータセンター

 Appleは、カリフォルニア州ニューアークのデータセンターでも2013年2月までにクリーンエネルギーへの100%移行をめざすという。また、オレゴン州プラインビルに構築中のデータセンターも100%再生可能エネルギーで稼働する予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆