ニュース
» 2012年07月24日 08時00分 UPDATE

田中淳子のあっぱれ上司!:どこから褒めるか、どこまで褒めるか (1/3)

良いときは良い、悪いときは悪いとはっきり言う。では良くも悪くもないときは、どう言えばよいのだろうか。

[田中淳子,ITmedia]

 若手や中堅世代に「やる気がなくなるとき」を聞くと、「何のためにするのか分からない仕事を与えられたとき」や「上司が話を聞いてくれないとき」、そして「仕事の成果に対して、いいとも悪いとも言ってもらえないとき」と言う声が多く挙がる。

 「良いなら良い、悪いなら悪いって言って欲しいよね」「『あれでよかったのか』とずっと気になって、もしかするとまずかったのかなと心配にもなることもあるし」「気になって『私が提出した資料、どうなりました? 見てもらえました?』と聞きに行くと、『ああ、あれね。もうお客さんに出してOKもらったから』なんて涼しい顔して言われちゃって、『だったら、その結果を教えてくれよ』と思ったりね」「そうそう」なんて盛り上がっていく。

 この話を今度は管理職の集まりでしてみると、「え? だって、いいから何も言わないんだよ」「ダメだったらダメって言うよ」という反応が返ってきたりする。部下のキモチと上司の考えは必ずしも一致しないもののようだ。

上司と部下のすれ違い

 「良いなら良いとちゃんと伝えた方が部下もすっきりしますよ。『良かったよ』と言ってあげればいいじゃないですか」と提案してみても、「いや、でも褒めるってほどでもないんだよね」「できて当たり前レベルだから、特に何も言わないという部分もあるよ」と返ってくることもある。

 仕事をした側は「良いなら良い、悪いなら悪い。うんともすんとも言ってもらえないとなんとなくすっきりしない」と思っているのに、仕事を指示した側は「ダメなら言うけど、期待通りだけど“できて当然レベル”でもあるし、わざわざ口に出して部下に何かを伝えるほどでもないかなと思って何も言わない」という捉え方をしているようだ(もちろん、上司も部下も全員が全員そう考えるわけではないが)。

 上司サイドの「悪いときは言うよ。ダメ出しするよ」も「期待を大きく超えて何かしてくれたら、そりゃあボクだって大絶賛するけれど、まあ期待通りだからね」は、前者は“−α”にフォーカスし、後者は“+α”を見ているのだろう。でもそうなると“期待通り”、つまり“±0”の領域は、誰からも何も言われない(部下の言葉を借りれば「良いとも悪いとも言われない」)ことになってしまう。でも実は「できて当たり前」の領域にフォーカスすることこそ大事なのである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆