ニュース
» 2012年08月21日 08時00分 UPDATE

田中淳子のあっぱれ上司!:わが社のエースを紹介します (1/3)

「まだまだ未熟者ですが」――身内を謙遜して紹介するのは日本人の美徳のひとつ。でも、たまにはドーンと褒めて紹介してみてはいかがだろうか?

[田中淳子,ITmedia]

 「ふつつかな娘ですが、末永くよろしくお願いします」と言うべきところを「ふとどきな娘ですが」と言ってしまったという笑い話を時々耳にする。内心で思っている以上に謙遜して家族を他者に紹介するのは、日本人というか、日本語の特徴だ。だから「愚息」だの「豚児」だのという言葉も豊富にあるのだろう。

 しかし最近は「うちの妻は本当に素晴らしい」と堂々とおっしゃる方も現れて、日本もずいぶん変わったなあ、いいことだなあ、と思う。「謙遜の美徳」というけれど、「謙遜」もしすぎると不自然な感じがするわけで、今の時代、家族のことだって他者に対して遠慮なく褒めてもいいのではないだろうか。

 では、仕事ではどうだろう? 今日は身内を他社(他者)に紹介するということについて考えてみたい。

「優秀な部下です!」と紹介されたら

 ずいぶん前の話だが、クライアントのマネジャーから部下を紹介された。そのとき彼は、私にこう説明した。

 「僕と一緒にこのプロジェクトを推進している山田(仮名)です。彼女は、僕がスカウトしてこの部署に異動してもらったんですよ。どうしても欲しい! と言って。今後、山田が中心となって進めていくことになりますので、よろしくお願いします」

 山田さんはひたすら恐縮し、「いえいえ、私はまだ勉強中でして……」と身の置き所に困ったかのようにもじもじしていたが、実際マネジャーが「スカウトして」と言った言葉通りの人物で、マネジャーから彼女中心になった現在もプロジェクトはうまく回っている。私も「本当に優秀な人だなあ」と日々感じ、一緒に仕事することを楽しんでいる。

 私はこの経験から、身内を他者に紹介する際に「褒める」のはいいものだなあ、と思うようになった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆