連載
» 2012年09月03日 08時00分 UPDATE

グローバル時代を生き抜くスマートリーダー術:あなたはボスかリーダーか (1/2)

部下を怒鳴り煙たがられる。厳しくも適切なアドバイスで信頼を得る。その違いは何か。

[林正愛(アマプロ),ITmedia]

 部下を見ては怒鳴り、煙たがられている人がいる一方で、部下に厳しくも適切にアドバイスをし、信頼を勝ち得ている人がいます。その違いは何でしょうか。

あなたはボスかリーダーか

 あなたはボスでしょうか、それともリーダーでしょうか。

 わたしはこれまでに多くの経営層に会ってきましたが、成果を上げている人に共通していることがあります。それは、決してボスではなく、リーダーだということです。ある経営者が言っていました。

 「わたしは自分の下の人のために働いています。彼らがわたしのために働いているわけではなく、わたしが彼らのために働いています」彼はボスではなく、リーダーだと感じます。その違いは何でしょうか。

 ボス(boss)とは、日本語で「上司」として訳されていますが、英語では以下のように表現されています。

1、The person who employs you or who is in charge of you at work

あなたを雇用したり職場であなたに対して責任を持つ人

2、someone with an important position in a company or other organization

会社やそのほかの組織で重要なポジションを持っている人

3、the person who is the strongest in a relationships, who controls a situation

ある関係の中で最も強い力を持ち、状況をコントロールする人

(ロングマン現代アメリカ英語辞典より)


 日本語の「上司」という言葉は、この3つが組み合わさった感じでしょうか。このbossという言葉は「boss someone around」と形で動詞としても使われ、意味としては次の通りです。

To tell people to do things, give the orders.

人にあることをするように言ったり、命令をしたりすること、


 He is always bossing me around.(彼はいつもわたしに命令する)と言ったりします。ボスは権限や権力を持つ人が、その力に任せて部下に命令したり、あることをやるように指示する、といったイメージでしょうか。

 経済が右肩上がりで成長している時代には、トップダウンですべてを決め、その人がボスとして指示を出し、部下はそれを忠実にこなしていれば成果を上げ、成長を遂げることができました。しかし、現在は右肩上がりの経済成長は見込めず、混沌とした時代です。そのときにはリーダー一人の力では到底解決できない問題が山積しています。

 その時代に必要なのは、ボスではなく、リーダー(leader)です。leaderとはleadという動詞から派生した言葉です。leadとは次のような意味です。

1、to take someone to a place by going with them or in front of them

ある人たちと一緒にもしくはその前を歩きながら、ある人たちをある場所に連れていく

2、to take a person or animal somewhere while holding the person's arm or hand, or pulling a rope tied to animal

人の腕や手を持ってあげたり、動物につけられたロープを引いてあげながら、人や動物をある場所に連れて行ってあげる

(ロングマン現代アメリカ英語辞典より)


 手をとって、もしくは前を歩いて、ある場所に人を連れていく、そしてそれをする人がリーダーです。

 あるアメリカ企業のトップが次のように言っていました。「ボスは恐怖を作り出すが、リーダーは自信を作り出す。ボスは責任を負わせるが、リーダーは間違いを正す。ボスはすべてを知っているが、リーダーは質問をする。ボスは仕事をつまらなくするが、リーダーは仕事を面白くする。ボスは自分にだけ関心があるが、リーダーはチームに関心がある」あなたはどちらでしょうか。

 今の時代に求められているのはリーダーです。あなたはリーダーの役割を果たせているでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆