ニュース
» 2012年09月26日 13時14分 UPDATE

Googleの自動運転カー、カリフォルニア州の公道での運転が可能に

カリフォルニア州知事が公道での自動運転カーの走行を許可する法案に署名し、来年から免許保有者がGoogleの自動運転カーで公道を走れるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月24日(現地時間)、カリフォルニア州のエドモンド・ブラウン知事がカリフォルニア州の公道での自動運転カーの走行を許可する法案に署名したと発表した。発効は2013年1月1日だ。

 ブラウン知事は署名式のためにGoogle本社に赴き、同社で自動運転カープロジェクトを統括している共同創業者のサーゲイ・ブリン氏、法案を提出したアレックス・パディラ上院議員(民主党)らとともに自動運転カーのもたらすメリットや安全性について集まった市民を前に説明し、法案に署名した。

 car Google Glassをかけて無人運転カーについて語るサーゲイ・ブリン氏(左)とブラウン州知事。後ろはアレックス・パディラ上院議員

 この法律により、車両管理局(DMV)が定めた安全・性能基準をクリアすれば運転免許保持者が自動運転カーで公道を走行できるようになる。

 Googleは8月に、実験車両での走行距離が累計で30万マイル(約48万キロ)を突破し、これまで無事故だったと発表した。また、5月には米ネバダ州で、公道で試運転できる免許を取得している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆