ニュース
» 2013年01月29日 08時00分 UPDATE

「海外でも快適にスマホを使いたい」ニーズ汲んだサービスでグローバル展開目指す (1/2)

急速に普及が進むスマートフォン。しかし、海外旅行中や出張中は、思うようにインターネットを使えないことが多い。ビジョンはここに着目し、現地の通信業者にフルに対応したWiFiルータのレンタルサービス「グローバルWiFi」を世界で展開している。

[聞き手:浅井英二、文:大井明子,ITmedia]

 今や、人口に対する携帯電話の台数は100%を超え、そのうちスマートフォンは2割強を占めているが著しく増えている。こうした急速な広がりの一端を担ったのが、1995年創業の通信ベンチャー、ビジョンだ。同社は法人向け携帯電話、電話回線などの販売を中心に売り上げを拡大し、現在ソフトバンク関連の法人販売実績では国内第1位だ。

スマホや回線の法人販売で成長

130129sano.jpg ビジョンの佐野健一社長

 通常の営業部門やWebマーケティングを行う部門、電話営業を行うコールセンターに加え、既存顧客のサポートだけを行う専門部署を設置している。創業者でもある佐野健一社長は、営業コストを削減しながら顧客満足度を上げ、利益を確保する方法を追求した結果だという。

 佐野氏は、「“売ったら終わり”ではない。新規顧客を開拓することはもとより、既存顧客を大切にして利用するサービスを増やしてもらうことはとても大切だ」という。

 同社では、既存顧客には継続して、当社のサービスや活動内容を紹介する冊子を送るなどサービス利用にまつわるさまざまなサポートも行う。例えば、客先のオフィスが移転する際、通信に関わる諸手続きなど総務部のサポートも行っている。

 これらの取り組みの結果、今では売り上げの約4割がWebプロモーションによるインバウンド、4割がコールセンターによるもので、残り2割は既存顧客のサービス追加購入や紹介によるものになった。アフターケアの評価も高く、ソフトバンクの代理店の中では解約率、クレームの数ともに最も低いという。

「“パケ死”が怖くて海外でスマホが使えない」の声を受けサービス開発

 これまでの同社の主力事業は、NTTの光ファイバー、ソフトバンクの固定回線や法人向け携帯電話契約、キヤノンのOAサプライの販売など。つまり、他社のサービスを取り扱うことが中心だった。しかし、電話回線、携帯電話といった国内のみに留めた市場ととらえず、既存事業とのシナジーがあり、事業を大きく拡大させる手段も考えたい。その中、新たな主力事業として同社が力を注いでいるのが、2012年2月に開始した「グローバルWiFi」だ。

 このサービスを開発するうえできっかけになったのは、スマートフォンを利用する顧客のさまざまな「声」だった。この中で佐野氏は、海外出張での使い勝手に着目した。

 「“海外でスマートフォンを使っていたら、請求が数十万円になってしまった”などの、いわゆる“パケ死”と言われる状態で困っている人がいたほか“パケ死が怖くて海外でネットが使えない。どうしたらいいのか”などの相談もあった」(佐野氏)

 国内では快適な通信環境を楽しんでいても、日本の携帯電話を海外で使用すると、通常は「ローミング」といって帯域制限のかかったサービスになるケースがほとんどで、通信速度が遅く国内のおよそ1/10から1/5程度になってしまう。

 「旅行はもちろん海外に進出する企業が増えており、困っている人は多い。こうした料金の問題や通信速度の問題は、解決しなければいけないと強く感じた」(佐野氏)

 ビジョンの「グローバルWiFi」は、国ごとに正規通信サービスを使えるよう設定された、モバイルWiFiルータをレンタルするサービスだ。渡航者は手持ちのスマートフォンやパソコンを接続することで現地インターネットを利用できる。

 金額は定額で十分なデータ利用量が使える上に、ローミングと違って帯域制限もない。現地のネットワークをそのまま使用できるので通信速度も高速で、快適にインターネットを楽しむことができる。ルータは、渡航前に郵送や空港カウンターで受け取りや返却ができ、一部の国では現地でも借りることが可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆