ニュース
» 2013年03月22日 15時30分 公開

全国交通系ICカード相互利用が始まる できること・できないこと (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

注意したいこと

 交通系ICカードの相互利用に当たり、念のため覚えておきたいこともある。

  • エリアをまたぐ利用はできない(首都圏のPASMOとSuica、九州のSUGOCAとはやかけんの一部除く)

 従来の相互利用と同様、基本的にはエリアをまたいだ利用はできない。問題になるのはJRの場合だ。東海道本線は東京〜熱海がSuicaエリアで、熱海から西の函南〜関ヶ原はTOICAエリア。エリアをまたいで利用はできないため、同線で東京から熱海より西に行く場合はSuicaが使えない。横浜からSuicaで乗車し、名古屋駅でSuicaで下車するといったことはできない。

  • 電子マネーはPiTaPaだけは他エリアで使えない
  • 他エリアで利用する際はオートチャージはされない
  • 他エリアの定期券を載せることはできない

 細かいことだが、交通機関の利用の場合、適用される規則は利用した鉄道・バス事業者のものになる。一方、電子マネーの場合はどこで利用しようとICカード発行事業者の規則が適用されることになる。

記念カード全国で発売

 相互利用スタートを記念し、23日には各地で記念カードが発売される。それぞれ数量限定のため、欲しい人は各社のWebサイトなどでチェックしておこう。

photo Kitacaの限定カード
photo Suicaの限定カード
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆