ニュース
» 2015年02月23日 08時00分 UPDATE

NTT DATA Innovation Conference 2015リポート:バチカン図書館の8万冊におよぶ文献の長期デジタル保存プロジェクトを支えるNTTデータ (1/2)

2世紀から20世紀に書き残された約8万冊、約4千万ページにおよぶバチカン図書館の膨大な手書き文献。この人類歴史遺産をいかにデジタル化し長期保存するか……。壮大なプロジェクトが始まった。

[山下竜大,ITmedia]

 1月23日、NTTデータが開催した年次カンファレンス「NTT DATA Innovation Conference 2015」の基調講演に、バチカン図書館のインフォメーションテクノロジーセンター CIOであるルチアーノ・アメンティ(Luciano Ammenti)氏が登場。バチカン図書館とNTTデータが取り組む、8万冊を超える文献の長期デジタル保存プロジェクトを紹介した。

8万冊以上の歴史的文献を保管するバチカン図書館

ammenti2902.jpg バチカン図書館のインフォメーションテクノロジーセンター CIOであるルチアーノ・アメンティ(Luciano Ammenti)氏

 1448年に設立されたバチカン図書館には、歴史的にも非常に貴重な手書き文献が数多く保管されている。代表的なものとしては、「われらの父」の記述が含まれている「ルカによる福音書」のページや「ヨハネによる福音書」がある。バチカン図書館には、これらの重要な文献を安全に保存し、広く公開する使命がある。

 アメンティ氏は、「バチカン図書館に保存されているすべての文献を自宅にいながら無償で閲覧できるようにすることが夢です」と話す。現在、バチカン図書館には、印刷物の閲覧室と手書き文献の閲覧室があり、2016年には、新しい閲覧室も完成するがこれだけでは十分ではない。

 バチカン図書館には、約8万2000冊の文献が保存されているが、約8年かけた調査では、設立から500年以上を経てもバチカン図書館にあるすべての文献の20%弱しか内容を把握できていないという結果が報告されている。つまり約6万5000冊の文献が、まだ手つかずのまま残っていることになる。

 「歴史的書物はバチカン図書館だけのものではなく、全人類のものなのです。誰でもがこれらの書物をひもとくチャンスを得ることができなければなりません。しかしこれまでのやり方では、バチカン図書館の情報を全世界の人たちに閲覧してもらうことはできません。そこでわれわれの理念を少し変えることが必要でした」(アメンティ氏)

 これまでの500年間、バチカン図書館のコンセプトは保存のための図書館であった。歴史的な文献は、温度や湿度の管理が難しく、歴史家たちが展示室で文献をひもときたいと思っても、簡単にさわれるものではなかった。そこでバチカン図書館における理念を保存から公開までに変えるという選択をした。

 「手書きの文献をデジタル化して保存することにより、すべての人が、いつでも、どこからでも文献を閲覧できるようになります。ただしデジタル化の作業中に手書き文献を傷つけてしまう恐れがあります。そのためデジタル化するための厳格な手順が必要でした」(アメンティ氏)

 こうした背景に基づいて、2010年にバチカン図書館の長期デジタル保存プロジェクトがスタートした。

150223zu2.jpg バチカン図書館の内部(c)Biblioteca Apostolica Vaticana
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆