ニュース
» 2015年02月25日 08時00分 UPDATE

NTT DATA Innovation Conference 2015リポート:「自由な着想」と「最先端テクノロジー」の融合でイノベーションが生まれる (1/2)

どうすれば既成概念を打ち破り、イノベーションを起こすことができるのか。十分にコモディティ化されたと思われている市場にこそイノベーションの機会が潜んでいる。

[山下竜大,ITmedia]

 NTTデータが1月23日に、開催した年次カンファレンス「NTT DATA Innovation Conference 2015」の主催者講演に、NTTデータ岩本敏男社長が登場。「Technology×Foresight×Global ― 未来を切り拓くITの力」と題した内容で講演。近未来のIT社会の姿を描いた「NTT DATA Technology Foresight 2015」も発表した。

支倉常長から彗星探査に続く人類の革新

150225iwamoto.jpg NTTデータ岩本敏男社長

 1988年にNTTから分社化してから27年間、増収増益を続けているNTTデータでは、2005年より海外ビジネスを強化。現在、41の国と地域、175都市で事業を展開しており、売上の28%が海外ビジネスによる。また従業員数は、全世界で7万6000人であり、そのうち海外の社員数が4万3000人と、国内の従業員数の3万3000人を上回っている。昨年スペインを拠点とし、中南米ビジネスもカバーするeveris社が新らたにNTTデータグループに参画したことで、中南米の多くの国でもビジネスが展開できるようになっているが、岩本氏は昨年9月に訪問したメキシコで大変興味深い話を聞いたという。

 「実は、メキシコとの通商を目的として欧米に向けた日本初の外交交渉が、17世紀に行われており、その記録がバチカン機密文書館に残っています。伊達政宗の命により、慶長遣欧使節団として派遣された支倉常長が、帆船“サン・ファン・バウティスタ号”で仙台を出発し、スペイン経由でローマを目指しました。このとき伊達政宗がローマ教皇にあてた親書がバチカン機密文書館に保管されています。」(岩本氏)

 「慶長遣欧使節団は、当時の常識であったアフリカの喜望峰を経由するインド周りのルートではなく、太平洋・大西洋をわたる新たな航路を開拓しました。これはまさに、既成概念を超えたイノベーションであり、新しい世界を切り拓いたといえると思います」と岩本社長は評した。

 続いて岩本社長はこの慶長遣欧使節団から400年を経て、人類はテクノロジーを進化させ、ついに彗星にまで到達した事例を紹介。

 「400年前の支倉常長は新たな航路で世界を開拓しましたが、現代という時代は、テクノロジーが次々と既成概念を刷新し、絶えず、世界を押し広げている時代だと考えています。今後、既成概念を超えて世界の限界を切り拓くのはテクノロジーであり、そこで生み出されるものがイノベーションであると思います」と語った。

イノベーションに必要なのは“欠落したままの致命的に重要な何か”を探すこと

 それでは、どうすれば既成概念を打ち破り、イノベーションを起こすことができるのか。岩本社長は、経営学者であるピーター・ドラッカーが、イノベーションに対する最大の賛辞は「なんでこれ、いままでなかったのだろう?」という言葉であると述べたことを紹介。既成概念を超えてイノベーションを起こすにあたっては、「自由な着想と先端テクノロジーが結びついたときにイノベーションが生まれる」として、ダイソンが商品化し大ヒットした「羽のない扇風機」を例に上げた。ダイソンでは、その地域の生活様式を丹念に調査し、潜在化の機能を徹底的に追求し、新しいテクノロジーも活用することで、「いままでなぜ無かったのか」というレベルの新しい商品を生み出している。岩本氏は、「イノベーションの機会というものは、実は“十分にコモディティ化した”と思われているところに潜んでいるのです」と話す。

 その他、眼鏡メーカーのJINSがメガネは視力を矯正するものという既成概念を打ち破り、パソコンやスマートフォンのブルーライトから目を保護する先端テクノロジーの活用により、累計本数400万本の大ヒットを生み出した「JINS PC」なども例に挙げ、「イノベーションに必要なのは“欠落したままの致命的に重要な何か”を探すこと。そこに経済的な効果を一変させる機会がある」との見解を示した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆