連載
» 2015年03月05日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:器の大きい人は、メールラリーを、相手のメールで終わらせる度量がある (1/2)

いい人だから、器が大きいとは限らない。まじめすぎると、器は大きくならない。では器を広げるにはどうすればいいのか。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


150305book.jpg 器の大きい人、器の小さい人

 器の大きさは、日常生活の中で差がつきます。

 たとえば、メールの仕方にも、器が出ます。メールが出始めた初期のころは「自分のメールで必ず終わる」というマナーがありました。相手からもらおうが、自分から送ろうが、最後のメールは自分でしめくくるのが、マナーでした。マナーの本にもそう書いてあって、みんなが実践していました。

 でも、これをやると面倒なことが起こります。終わらなくなるのです。「自分が最後」と思って送ったのに、相手も自分が最後になりたいので、またそれに返してきます。これが深夜2時3時のやりとりになるのです。「それでは、おやすみなさい」で切ったつもりなのに、「今日お話しできて楽しかったです」と返ってきます。それにまた何か返さなければならないのです。

 相手に花を持たせるために、自分は不作法の側にまわれるのが器の大きさです。

 マナーと器は一致しません。

 マナーは、器によって変わるのです。

 器の大きな人のマナーは、自分のメールで終わることです。

 器としては、相手に花を持たせて、自分は返事をしない側で終わります。

 そうすれば、相手は早く眠れます。

 自分と相手を第三者の目から見ることができるのが、器が大きいということです。自分のメールを最後にしたい人は、自分の側からしか物事を見ていないのです。

器の大きな人は、間違いメールを、指摘しない。

 いい人だから、器が大きいとは限りません。

 まじめすぎると、器は大きくなりません。

 例えば、間違いメールが来た時に、まじめな人は「間違えてますよ」というメールを送ります。「送りたかった人にメールが届かなかったら困るだろう」と思っているのです。

 器の大きい人は、ここで知らんぷりできます。間違いメールを送った人は、へこんでいます。本人が気づいて、「メールを誤送してしまいました」というメールまで来るぐらいです。

 その時に、器の大きい人は「届いてなかったみたいですよ」と言えるのです。器の小さな人は、いいかげんな人ではありません。まじめで一生懸命だから、よかれと思って「間違えてますよ」と送るのです。そうすることで、逆にその人とつき合いにくくなります。

 これが仕事のメールなら、大変なことになります。恋人へのラブラブメールを仕事先の人に送ったら、もっと気まずいです。気まずい空気にならないようにするのが、器の大きさです。

 ある有名人とパネルディカッションでご一緒したことがあります。本番前に一緒にトイレに行くと、その人は観客の人に「あっ、〇〇さん、いつも見ていますよ」と言われました。それが間違った名前だったのです。その間違った名前の人も、同じパネルディスカッションに来ています。

 この時に、「僕、○○ですけど」と訂正するか、「いつもどうもありがとうございます」と言うかで器の大きさが分かれます。ファンだから声をかけたのに、別の人の名前を言ってしまったとわかると、声をかけた人は気まずくなります。

 「さすがにこの人は器が大きいな」と思ったのは、彼はニコニコ笑いながら握手したのです。私も「こういう場合は訂正してはいけないんだな」と学びました。

 似たような状況の時に、横にいた人が「〇〇さんではなく、××さんですよ」と訂正しました。せっかくおとぼけをしているのです。その器の大きさを理解できなかったら台なしです。ここで気まずい思いをさせるのは、握手している両者です。

 「この人は間違っているのに握手していたのか」ということになるのです。

 みんなが気を使ってやっていることに気づけることが、器の大きさなのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆