連載
» 2015年08月13日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:アリストテレス流リーダーシップ論哲学 (1/2)

リーダーとして出世をひたすら追求すべきなのか、どのような時も嘘をついてはいけないのか、趣味は持つべきかどうか、冗談好きと堅物のどちらがいいのか。アリストテレスの人生哲学から答えることができるという。

[小林正弥,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


アレクサンドロス大王を育てた哲学者から学ぶリーダー論

150813book.jpg アリストテレスの人生相談

 筆者は「アリストテレスの人生相談」(講談社)という本を刊行した。アリストテレスは、万学の祖と言われる哲学者だから、彼から人生について学ぶことなどできないと思う人もいるかもしれない。でも、彼は「ニコマコス倫理学」という書物によって、西洋では「聖書」に並ぶような人生哲学を展開している。特に幸福論に関しては、今でも、これを超える人生哲学は現れていないといっても過言ではない。

 彼は、マケドニアの王子だったアレクサンドロス大王の家庭教師を務めたことでも知られている。アレクサンドロスの世界帝国はアリストテレスの政治哲学を実行したものとは言えないが、大王の英邁な精神に哲学者の智恵が感化を与えたと想像することは可能だ。世界最高の英雄的政治家の1人に、アリストテレスが知的薫陶を与えたかもしれないと夢想することは、哲学とリーダーとの関係を考える上での一興だろう。

組織のミッションを実現する「善きリーダー」になるためには?

 アリストテレス哲学では「善きリーダー」はどのように考えられるだろうか? 彼の哲学は世界や人生の目的から考えることを重視する。だから、「善きリーダー」とは、組織の本来の目的を理性的に把握して、そこから考える人であり、つまりは、組織のミッションや使命を自覚してその実現を可能にする人である。

 それでは、そのためにはどうすればいいだろうか? 以下では、次のような問いを簡単に考えてみよう。

  • リーダーが、挫折を乗り越え、運命の転変を逃れて成功するためにはどうすればいいのか?
  • 家族や部下との人間関係をどのようにすれば、いいのか? 部下の相談にはどのように答えればいいのか?
  • リーダーはどのように心を統御し、どのように振る舞えばいいのか?
  • リーダーは知恵をどのように身につければいいのか?
  • リーダーとは孤独なものなのか? 
  • リーダーが目指すべき究極的の理想はどのようなものか?

運命の転変や挫折を乗り越える方法――持続的な幸福の道

 リーダーといえども、世の中の流れや個々人の運命の変転から逃れることは難しい。例えば景気がいい時は利益をあげるのは容易でも、ひとたび不況になると利益を維持するのは難しい。個々人にとっても、心理的にも肉体的にも好不調の波がある。だから、世の中では易や占いがはやるのである。

 アリストテレスは宗教的な考え方を否定はしないが、運命の波に流されずに乗り越えていく方法として、その人が魂の美徳を発展させることを重視する。バブルの崩壊による経営破綻を避けるためには、賢慮、節制などの美徳が重要である。優れた資質を総合的に発展させれば、逆境を乗り切って持続的に幸福な人生を生きることができるというのである。

 また、いかに優れたリーダーでも、挫折や失敗を経験することがある。その時にどのように乗り越えられるだろうか。自分の弱点を反省して、楽観主義や希望や勇気の美徳に基づいてチャレンジを再開することが大事である。

中庸というバランス感覚――「ほどほど」以上の美徳

 リーダーは何かの能力に優れているから、ガムシャラに働いて成功しようとすることも多い。けれども、そのようなやり方だけでは、長期的に成功を続けることは難しい。部下との関係や、家族関係がうまくいかなくなったり、体を壊すことになったりする危険もある。

 だから、中庸というバランス感覚が必要である。例えば、モーレツ社員として仕事に熱中するあまり、部下に仕事を強要したり、家庭が崩壊してしまえば、人間関係も仕事もうまくいかなくなってしまうだろう。まさに仕事と生活のバランスを取るのが中庸の道である。

 ただ、中庸とは単に2つの真ん中という意味ではないし、「ほどほど」というだけではない。例えば、会社が危機にある時にはリーダーは一時的には家庭を顧みずに危機の克服に全力を注がなければならないだろう。ある時には、一見、片寄っているように見えても、それが中庸の道ということがあるのだ。

だから、中庸は、個々人の状況などのTPOによって異なってくるので、それを見つけること自体に知恵の美徳が必要なのである。これは難しいことだから、アリストテレスはそれを容易にする方法も親切に説明してくれている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆