連載
» 2016年01月19日 08時00分 UPDATE

日本式イノベーションの起こし方:ジョブズがいなくても、新しい価値は創造できる (1/2)

どうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのか? 実は日本の組織こそが変化をつくり、イノベーションを起こすことに適しているという。

[井上功,ITmedia]

アップル復活のキーワード、「Think Different」

 どうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのか? 最終回は今世紀を代表するイノベーターであるスティーブ・ジョブズ氏及びアップルでのエピソードを絡めながら振り返ってみます。

 信じ難いことですが、アップルにはあと3カ月もすると資金がショートして潰れてしまうという状態が、1997年にありました。幹部が本社のホールに集められ、ジョブズ氏が行った有名なスピーチがあります。アップルの企業広告のお披露目の場で流されたテレビCFのキャッチフレーズが、「Think Different」です。披露された60秒のフルバージョンの詩を全文紹介しましょう。

クレージーな人たちがいる。反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。四角い穴に丸い杭を打ち込むように、物事をまるで違う目で見る人たち。彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。彼らの言葉に心を打たれる人がいる。反対する人も、称賛する人も、けなす人もいる。しかし、彼らを無視することは誰にもできない。なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。彼らはクレージーと言われるが、私たちは天才だと思う。自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

 この広告は、アップル復活ののろしとなりました。これは、世間に対する宣言であると同時に、社内に向けたメッセージでもあったからです。アップルとは何か、自分たちはどういう人間なのかが分からなくなっていた社員が、この広告を見て聞いたときに奮起した様子が目に浮かびます。

同じコトを考えるんじゃない。違うコトなんだ。少しだけThink Different。大きくThink Different。アップルは型にはまらない考え方をする人のもの、コンピュータを使って世界を変えたいと思う人のものなんだ。

 これは後にジョブズ氏自身が述懐している言葉です。普通でないことを考える。違うように考える。違うことを考える。独創的に考える。ただ単に考えるだけではダメなのです。ユニークさが求められます。そして、アップルが違うように考える集団であって欲しいと、心から願っていたのです。

アップル自体が最大のイノベーション

 ある逸話を紹介します。1997年の危機を乗り越えて、再びアップルがイノベーションを起こし、成長軌道に乗って暫くして、インタンビューに答えています。「ジョブズ氏にとって最大のイノベーションはなんだと思いますか?」少し間をおいてジョブズ氏はこう言ったそうです。

アップルという会社自体が最大のイノベーションです

 「Think Different」。違うことを考え続ける集団をつくる。これが経営者としての腹決めです。ジョブズ氏は、会社ごと「慣行の外に出る」ことを決めて行動したのです。企業がイノベーションを起こすためには、マーケティングに偏重していてはダメです。アップル社の「Think Different」は、経営者の腹決めを社員に浸透させるシンプルで強力なメッセージです。こうしてジョブズ氏は「偉大な製品をつくろうと意気込む人たちが集まる、永続するイノベーション企業」を創り続けたのです。

アップルのような組織や企業をつくれ

 皆さんの会社にジョブズ級の経営者はいますか? ジョブズ氏のようなイノベーターはいるでしょうか? ジョブズ氏は世界にたったひとりであり、残念ながらもうこの世にはいません。しかし、アップルのような組織や企業をつくることはできるはずです。ジョブズ氏並みとまでいかなくても、隠れている優れたイノベーターたちをマネージャが鼓舞し、組織が支援し続け、経営者は本気で慣行の外に出る。そうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆