連載
» 2016年02月03日 08時00分 UPDATE

視点:Logistics 4.0――物流ビジネスにおける新たなイノベーション (1/5)

ロジスティクスは、今までに3つの革新的変化を遂げてきた。第1の革新は、19世紀後半から20世紀にかけての「輸送の機械化」。第2の革新は、1960年代からの「荷役の自動化」。第3の革新は、1980年代からの「物流管理のシステム化」。そして、進みつつある第4の革新「Logistics 4.0」は?

[小野塚征志,ITmedia]
Roland Berger

1.ロジスティクスにおけるイノベーションの変遷

 ロジスティクスは、今までに3つの革新的変化を遂げてきた。(図A参照)

 第1の革新は、19世紀後半から20世紀にかけての「輸送の機械化」である。古来、大量・長距離輸送の要は海運を中心とする船舶に委ねられてきたが、鉄道網の整備、トラック(貨物自動車)の実用化により、陸上での輸送力が格段に強化された。 一方で、船舶に関しても汽船/機船の普及により、運航の安定性が大きく向上した。 ロジスティクスにおける20世紀は、大量輸送時代の幕開けであったといえる。

109a.jpg ロジスティクスにおけるイノベーションの変遷

 第2の革新は、1960年代からの「荷役の自動化」である。 自動倉庫や自動仕分といった物流機器の実用化により、倉庫内の荷役作業が一部機械化されることになった。 コンテナ船の普及による港湾荷役の機械化も大きな変化といえる。

 第3の革新は、1980年代からの「物流管理のシステム化」である。WMS( Warehouse Management System)やTMS(Transport Management System) といった ITシステムの活用が広がることで、在庫や配車などの物流管理の自動化 ・効率化が大きく進展した。NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)を始めとするインフラシステムの整備が進んだのもこの時代である。

 そして、現下進みつつある第4の革新、即ち「Logistics 4.0」は、「IoTの進化による省人化・ 標準化」である。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) 2016 Roland Berger. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆