連載
» 2016年03月02日 08時00分 UPDATE

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:陰で批判し合ってはいけない (1/2)

トップマネジメントチームに必要なのは、仲の良さではなく仕事振りの良さだ。共に仕事をする以上、尊重し合わなければならないが尊敬し合う必要はない。

[山下淳一郎,ITmedia]

 第3回は、「トップマネジメントチームがチームとして機能するために必要ことのひとつ、「自らの担当以外の分野は直ちに担当メンバーに回さなければならない」ということを話した。今回は、「会議室の外で批判したり、けなしたりしてはならない」というテーマで経営チームが機能するために必要なことをお伝えする。

言いたいことは会議室の中で

「先週、決定したことは会社のために良くない」と取締役が言ったり、

「社長のあの決定は、実は私は反対だったんだ」と副社長が言ったり、

「専務のあの企画、自分は賛成できない」と社長が言ったり、

「常務は営業部のことしか考えてくれていない」と執行役員が言ったり。


 もちろん御社でこんな言葉を耳にすることはないと思う。いろいろな人がいればいろいろな考えがあって当然だ。一方、どんなにいい考えがたくさんあったとしても最後は1つの考えに決定しなければならない。いろいろな考えを1つにまとめ決定することこそ、トップマネジメントチームの仕事だ。

 それは、「全員の考えを足し算したもの」ではなく、「全員の考えから導き出される最善の決断が下されたもの」だ。

 満場一致で何かが決定されることは極めて少ない。決定された内容は、自分の考えに合致するものもあればしないものがあるのが現実だ。

 もちろん、自分の考えにそぐわない形で何かが決定された時は、不満が込み上げたり、憤ったりすることもあろう。そうかといって、トップマネジメントチームのメンバーが、それ以外のメンバーにその不満を漏らしてしまえば、「うちの経営陣はいつも批判し合っているけど、大丈夫なんだろうか」と、不信感をもたらし、結果として組織の力を損ねてしまう。

 組織の中で仕事をしている以上、すべてが自分の意図とおりに進まない。多少の不満はつきものだ。現実は、うまくいくことよりうまくいかないことの方が多い。だからかといって、トップマネジメントチームが陰で批判し合うようなことを容認してしまえば、事業は伸びないし、会社も良くなっていかない。事業を伸ばし会社を良くしていくために、トップマネジメントチームのメンバーは何を守らなければならないのだろうか。ドラッカーはこう言っている。

「トップマネジメントチームのメンバーは、仲良くする必要はない。尊敬し合う必要もない。ただし攻撃し合ってはならない。会議室の外で互いのことをとやかくいったり、批判したり、けなしたりしてはならない。ほめ合うことさえしない方がよい。」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆