連載
» 2016年07月14日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:うまくいく人がしないこと (1/2)

一流になるためには、一流がしていることをして、していないことをしなければいい。では何をしていないのだろうか。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


一流のすることをするよりも、一流のしないことをしない

 一流になるためには、一流がしていることをして、一流がしていないことをしなければいいのです。

 それだけです。

 「自分がしていなくて、一流がしていること」というのは、まだ気づきやすいのです。むずかしいのは、何をしていないかに気づくことです。

一流は 記念写真を撮らない。

『一流の人は、○○しない うまくいく人がしない70の習慣』

 一流は、写真を撮ることを忘れるくらい感動するディズニーランドで、パレードの写真を撮っている人がいます。写真を撮るのは、それだけ冷静だということです。本当に感動している時は、パレードに見入って、写真を撮るのを忘れます。

 レストランで、おいしい料理を食べる時も同じです。本当に感動している時は、「しまった。写真を撮らなくちゃ」と思った時は、すでに食べかけです。

 最初から写真を撮っている人は、料理に感動していないのです。

 情報化社会になると一流が減るのは、記念写真が増えるからです。ディズニーランドのパレードで、ミッキーを見ないでスマホの画面ばかり見ているのです。

 これではナマの感動を味わえません。

 一流は本当に楽しんでいて、写真を撮ることなど忘れているのです。

 ニューヨークに行った時にカメラを買いました。ニューヨークで買うほうが、いいカメラが安く買えるのです。そのカメラで怖い地域の写真を撮ろうと思っていました。

 よくよく考えると、怖い地域でそんなカメラを持っていたら、盗られます。結局、写真は観光地でしか撮れませんでした。本当に撮りたいところでは、写真は撮れないのです。記念写真が、いかに感動を薄めているかということです。結局、絵はがきの確認にしかならないのです。

 しかも、それはブログに載せるための写真です。

 例えば、本当に仲のいい友達とは写真を撮りません。一緒に楽しむことがメインです。

 写真を撮っている人は、あまり仲のよくない人です。仲よくないから、「写真でも撮っておかないと」ということになるのです。ブログに載せる写真は、仲よくない人との写真です。自分の撮った写真を振り返ると、仲よしとの写真はありません。

 わざわざ仲よしと写真を撮ったりしないのです。

一流は、どこでも座らない。

 一流は、立っていても、疲れない。

 二流は、パーティーで「椅子がない」と文句を言います。とにかく席を確保して、どこででも座ろうとします。それは、しんどいからです。

 一流は姿勢がいいので、立っていても疲れません。いろいろな人に会うために、常に動きまわっています。その人のところに、いろいろな人が会いに来ます。座っているヒマはないのです。

 二流は、会いに来る人もいないし、自分から会いに行こうともしません。ただモグモグと飲み食いしているだけです。座っているにもかかわらず、どんよりした空気がたまって、疲れてきます。

 これが一流と二流との違いなのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆