連載
» 2017年02月23日 07時23分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:すごい上司の心得。それは、何をするかではなく、何をしないのか (1/2)

女性社員に嫌われる上司は、自分でも気づかないうちに職場で何をしてしまっているのか? を明らかにすることで、すごい上司の人物像に迫ってみる。

[新井健一,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


 わたしは思います。すごい上司って、何かを積極的にする人ではなくて、何かを絶対にしない人のことなんじゃないかって。

 ここでは、女性社員に嫌われる上司は、自分でも気づかないうちに職場で何をしてしまっているのか? を明らかにすることで、すごい上司の人物像に迫りたいと思います。

女性に嫌われる上司ほどオレオレ臭が強い

『すごい上司 / ついて行きたいリーダーの背中』

 オレオレ臭とは、自分の主張やこだわりを強く周囲に押し付け、譲らないことです。こだわりはさまざまですが、オレオレには2種類あります。部下が許せるオレオレと許せないオレオレ、これを本書では「ホットなオレオレ」と「ブラックなオレオレ」と呼ぶことにします。

 ホットなオレオレとは、簡単にいえば自分が大好きなナルシストのことです。このタイプのオレオレは、自分のこだわりに時間とお金を惜しみなく投資します。そして職場でもがんばっている自分をアピールするのが大好きで、時には周囲にもがんばりを強要することがあります。そんな時、部下は暑苦しく感じます。また、その立ち居振る舞いが場にそぐわず、滑稽に見えることもあるでしょう。

 ですが、このタイプのオレオレは、案外裏表がなく、部下を大切にもしてくれます。このタイプのオレオレには、自分なりの美学があるのです。ですから、オレオレ上司が男性であれば、部下のために身体を張る男気を見せることもあります。

 この傾向は、交流分析という心理学が分類する4つの人生態度のうち、「I am OK, you are OK.(自己肯定、他者肯定)」にあたります。

 このタイプは自分が大好きなので、セルフイメージがそもそも高いか、小さな成功を積み重ねることで、次第に高くなっていく傾向にあります。そして周囲も熱く巻き込んでいくので、時にその言動が疎まれることもありますが、好感も持たれます。

 気をつけなければいけないのは、ブラックなオレオレです。

 この臭気が極端に強い人は、自説を譲らないだけならまだしも、他人の主張やこだわりは強く否定し、悪口を言うのです。この傾向をもつオレオレ上司は、常に自分が一番で、周囲を自分より下だと見なしています。ですから相手が、自社の役員であろうと客先であろうと、おかまいなしにディスります。

 この傾向は、交流分析が分類する4つの人生態度のうち、「I am OK, you are not OK.(自己肯定、他者否定)」にあたります。

 自分はとにかく自信たっぷりで、なにが起ころうと、すべては他人が無能なせいなのです。普通の感覚があれば、このようなオレオレには、同じ職場に居合わせたくない、関わりたくないと思うでしょう。ですが、部下は、どういう態度でその上司と接するか、腹を決めなくてはなりません。

 この場合、部下の選択肢は大きく3つあると思います。

ブラックオレオレに、

同調する。

同調したふりをする。

同調しない。

 さて、いずれを選択するのが正解かということになりますが、正解はありません。そして、いずれを選択しても、なんらかの苦労を背負い込むことに変わりはありません。

 仮に同調する、を選択したとしても、この上司はいつ部下を裏切るか分かりません。とにかく自分のことしか考えていないのですから。それに出世競争に敗れ、いつ失脚するかもしれません。何の保証もないのです。

 また、ある女性社員は、いずれの選択をしたとしても「しょせんはここだけのこと、そんな上司は裸の王様」だと思うと話してくれました。彼女が言わんとしたことは、オードリー・ヘップバーンが残した言葉と同じです。

 「いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。」

 しょせん、この会社がなくなったら、ブラックオレオレは……、女性社員は冷静に見ています。

教訓:女性に好かれるすごい上司は、本物の王様(一流)であることを目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆