連載
» 2017年06月15日 07時10分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ニュースリリース(NR)が白状する企業の本質――良いNRはその在り方を表す (1/3)

ニュースリリース作成力強化は、広報力のみならず、経営力強化にもつながる。

[山見博康,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


ニュースリリースに対する新しい定義

『ニュースリリース大全集』

 「ニュースリリース(NR)は企業を映す鏡!」これが2017年3月に出版した『ニュースリリース大全集』での新定義です。長年、NRに数多く接して分かったのは次の3点にまとめられます。

1、実に「不親切」! 記載すべき項目が欠落! 記者は一読で理解できず、問い合わせに手間取り不満が多い

2、前任者からの引き継ぎや伝統に縛られ、創造的なNRへと脱皮できていない

3、「情報を少なく記載し、問い合わせに対応」との誤った考えが大間違いで誤報の元凶!

 そこで、NRのレベルアップを図るためには、広報力をつける必要があると考え、本書を企画しました。2016年4月から650以上の企業などのHPで公開済みの中から、推奨できるNRの選考を開始しました。ところが「自信がない」「人に見せるものはない」と3分の2の企業が辞退!

 これには驚きました。同時にNR作成力強化の意義を痛感したのです。そこで、210の賛同企業から提供を受けた、700程度のNRから1社一つを選び、「Yes2+But1」の推奨3ポイントを付けるためにNRを1人の人物と捉え対話を試みました。すると、次第に会社そのものの「正体」が浮かび上がってくるような気がしました。

 それは、会社のビジョンが明確か、情報を公開する姿勢があるか、自由闊達(かったつ)な社風か、躍動感や活力がみなぎっているか、さらに顧客への真(まこと)の思いやりや親切心、相手をおもんぱかる細やかな気配り、そして独創力や想像力……つまり、話を聞き文章を読めばその人物の識見、人格の高潔さが漂うのと同じ。そこで、広報力のみならず、経営力強化にもつながると確信したのです。

社風にも表れる

 NRは公式文書ですので、重要性に応じて管理職はもとより経営幹部が承認しますが、不親切なNRを見ても気付かない鈍感さや、顧客軽視の風土こそが問題です。一事が万事、電話応対、プレゼン資料から顧客対応に至るまで、不親切に違いないと想像できます。従ってNRの改善は多様多彩な観点からの気付きを促し、広く顧客対応から仕事への取り組み方も改善し、企業風土の向上にもつながるきっかけになるでしょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆