連載
» 2017年09月21日 07時05分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:この先もう会うことはない人に気を配るか (1/2)

気配りをしなければならないことは、誰でも分かっている。そのポイントとは。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


一流のリーダーは、一度しか会わない人に、気配りをする

『一流の準備力』

 勝負は、本番ではつきません。本番の前に、勝負がついています。

 二流のリーダーは、本番で頑張ります。一流のリーダーは、本番の前に頑張ります。これが、一流の準備力です。

 一流のリーダーも二流のリーダーも、どちらも気配りをします。二流のリーダーは、これからお世話になる人に、気配りをします。お世話になりたい人に、気配りをします。一流のリーダーは、もう会わないであろう人にも、気配りをします。

 気配りをしなければならないことは、誰でも分かっています。二流の人は、気配りをする相手を選びます。後でメリットがある、後で差しさわりがある人に対して気配りをするのです。

 一流は、二流がしない何かをしています。その「何か」は、二流からは見えません。

 ここが大切です。

 下から見ると、上でしていることは見えません。上から見ると、下でしていることは丸見えです。だから、学び方が難しいのです。「それなりにやっています」「そこそこやっています」と言いますが、「そこそこ」ではダメなのです。

 一流は、一度しか会わないだろう人、この先もう会うことはないだろうという人にも気配りができます。ここで差がつくのです。この後もお世話になる人には、誰でも気配りをします。

 出会いには、

1、この後もお付き合いをしたい人

2、もう会わなくてもいい人

という2通りがあります。

 もう会わなくてもいい人のほうが、圧倒的に多いのです。一流のほうが出会いの数は多くなります。一流であればあるほど、しなくていい気配りが増えていきます。一流の人は、一度しか会わないだろう人にも気配りをします。気配りをされた側は、「自分は何のお返しもメリットもないのに、気配りしてもらえた」という感激が生まれます。

 二流の人は、「権限もお金もない人に、なぜ気配りをしなければいけないのか」と考えます。判断基準が、「この人に気配りをして、見返りがあるかどうか」なのです。それは気配りではありません。

 「気を配る」と「気をやる」とでは違います。「やる」は、選んで何かをすることです。「配る」は、みんなに分けることです。相手を選んで気配りをすること自体、本来の言葉の意味と矛盾しています。

 「この人にこんなに気配りをして、見返りもないのにムダなことをしているのではないか」と、クヨクヨする必要はまったくありません。一流の人は、いつもこの先会わない人にも、気配りをしているのです。

嫌いな恩人を持っている。

 一流のリーダーも、二流のリーダーも、恩人を持っています。二流のリーダーは、好きな人が恩人です。一流のリーダーは、嫌いな人だけど恩人という存在を持っています。

 ビジネススクールで「あなたにとって恩人は誰ですか」と聞くと、「困っている時に助けてくれた人」という答えが返ってきます。「その人のことは好きですか」と聞くと、「好きです」と答えます。

 ところが、「あなたにとって嫌いな恩人はいますか」と聞くと、「嫌いなのに、なぜ恩人なのですか」と言うのです。「好き嫌い」と「恩」とは、まったく関係がありません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆