連載
» 2018年03月22日 07時12分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:職場の「やりづらい人」を「仕事タイプ」から把握し対処する方法 (1/2)

上手に相手と協働するためには、どんな「枠組み」を基に話し行動しているかを把握することが必要。

[秋山進,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『職場の「やりずらい人」を動かす技術』

 職場の中に、別に嫌いじゃないのだけれども、「どうも話が合わない」「呼吸が合わない」「一緒に仕事をしづらい」といった人はいないでしょうか。私はいました。というより、私自身が職場の皆さんから見て、その「やりづらい人」であったと思います。

 一方で、そんな私にも「すごく合う」人もいました。「合わないものの、そこそこ仕事をやれる」人もいました。なぜこの人とは合うのか、この人とは合わないのか、合わないのに仕事はできるのか、いろいろ不思議に思い、30年にわたり観察を続けてきました。本書はそのまとめとなります。

 一般に人といい関係を取り持つには、しっかりと相手を尊重する、話を傾聴する、その上で丁寧に答える、などの対応をするといいといわれます。確かに、それらは役に立ちますし、必要なことです。しかしながら、人間関係を作るのが目的ではなく、利害関係の交錯する「仕事の遂行」の場面においては、ただ「相手の話をよく聞く」とか「共感を示す」とかいうのでは、ときに「ポーズ」にとどまってしまい、単なる形式的な応答スキルで終わりかねません。仕事で成果を生むためには、もっと「知的に」相手の特徴を理解し、「戦略的に」協働することが必要になるのです。

 すなわち、上手に相手と協働するためには、一人一人がどんな「枠組み」をもとに話し行動しているかを把握することが必要です。つまり相手の「話の土俵」の理解が大事なのです。

 土俵の作り方は人によって異なりますが、その人なりの「視点の持ち方」「思考のパターン」「行動に落とす際の重点項目」の3つの次元において、その特徴が顕著に現れます。具体的には、ミクロ的視点を重視するか、マクロ的視点を重視するか(視点)、直観から事象の意味を見いだそうとするか、事実やデータから論理的な考察をしようとするか(思考)、何をすべきかWHATを重視しようとするか、どうすべきかHOWを重視するかの違いです(行動)。

 本書では、それらの3次元×2タイプをもとに2×2×2=8つの仕事タイプを抽出し、それぞれのタイプごとの得意、不得意、コミュニケーション上の問題点などを明確にします

 8つの仕事タイプは以下のようになります。

(1)想像力ゆたかな小説家(ミクロ×直観意味×WHAT)

(2)創意工夫の技能者(ミクロ×直観意味×HOW)

(3)現実を見抜く観察者(ミクロ×事実論理×WHAT)

(4)頼りになる実務家(ミクロ×事実論理×HOW)

(5)時代を感じる評論家(マクロ×直観意味×WHAT)

(6)未来を創る革新者(マクロ×直観意味×HOW)

(7)正しさを求めるコンサルタント(マクロ×事実論理×WHAT)

(8)実現を目指す政治家(マクロ×事実論理×HOW)

 タイプごとに仕事の遂行において何が重要だと思うか、どんなことを気にするか、どんなことなら頑張れるか、などが見事に違うのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆