連載
» 2018年09月26日 08時05分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:重要なのは声のコーディネート――エグゼクティブにふさわしい魅力的な声を手に入れる (1/2)

自分の声がどのような声なのか、自分自身では分かりにくい。そこで魅力的な声を出すためには、他の人からのフィードバックが不可欠である。エグゼクティブのための、声のコーディネートを学ぶ。

[山下竜大,ITmedia]

 ITmedia エグゼクティブ勉強会に、俳優、声優、演技講師の井上優氏が登場。「声のコーディネートについて考える」をテーマにした講演で、演技のプロとして培った経験やテクニックをもとに、エグゼクティブとして魅力的な声を出すためのヒントを、ワークショップを交えながら紹介した。

日々の生活においては誰しも役者

井上優氏

 「ただいまご紹介いただきました、井上優でございます。本日はよろしくお願いします」――井上氏はまず、普通の声、落ち着いた声、しゃがれ声、野太い声など、いろいろな声で自己紹介をしてみせた。「このように、いろいろな要素を組み合わせれば、さまざまな声を出すことができます」と井上氏は言う。

 ITの普及により、利便性が向上し、知識や情報が共有できるようになった。その一方で、情報そのものの価値は下がり、情報をいかに活用するかが重要になっている。つまり、情報を発信する側、受け取る側の感性が重視される時代になっている。そこで必要になるのがコミュニケーション能力である。

 「コミュニケーションとは、何なのでしょうか。自分の言ったことに対して、相手がイメージ通りの対応をしてくれたときにコミュニケーションが成立したといえます。言ったつもりなのに伝わっていないとか、悪気はないのに悪くとられるなどは、コミュニケーションが成立していないということです」(井上氏)

 コミュニケーションを成立させるためには、自分の考え、感性を、素直に伝えるための「声の出し方」が必要になる。髪形やひげ、メークやファッションなど、見た目や身だしなみにこだわる人は多いが、声を意識する人はあまり多くないのではないだろうか。

 「スピーチやプレゼンテーションでは、内容を意識します。しかし、どんなに内容がよくても、伝わらなくては意味がありません。芝居も同じで、どれだけ面白い脚本があっても、演じる役者に技術と感性がなければ面白い芝居はできません。“それは役者の世界だから”と思うかもしれませんが、日々の生活においては皆さんも役者です」(井上氏)

 例えば、親から見れば自分は子どもだし、子どもに対しては、自分は親になる。親子関係だけでなく、夫としての自分、妻としての自分がいる。会社に行けば、上司として、同僚として、部下としての自分もいる。人それぞれに、立場があり、それに合わせて振る舞いや言葉づかいを変え、いろいろな自分を演じているはずである。

 「違う誰かを演じると考えれば、“声のコーディネート”というものを、少し楽に考えることができるのではないでしょうか。本日は、声をコーディネートするための、いろいろな体験をしていただこうと思っています」(井上氏)

上半身の筋肉が固まると声が響きにくくなる

 理想的な声とは、どのような声だろうか。聞き取りやすい声、よく通る声、心地よい声と、その場、その場でいろいろ変わってくる。1対1のとき、1対多のときでも声の出し方は違う。安心感のある声の方がやる気が出る人もいれば、力強く鼓舞する声の方がやる気が出る人もいる。理想的な声とは、人それぞれに異なっている。

 「自分の声を録音して聞いたことがある人は多いと思いますが、自分の声がどういう声か説明できるでしょうか」と井上氏。最初のワークショップでは、まずは「名前、肩書、一言」で構成される「自己紹介」を各自スマートフォンで録音し、2人組でお互いに聞きあい、それぞれの声がどのような声なのかをフィードバックした。

 当たり前のことだが、相手の声は録音も同じ声に聞こえる。自分の声は、実際より少し低い声で聞こえるが、これは、自分の声がカラダの中で共鳴しているためである。録音した自分の声を聞くと、思ったより高い声に聞こえるのはそのせいで、このことを知っておくことだけでも、声の出し方を変えることができるようになる。

 息を吐くときに声帯が震えるのが、声が出るメカニズムである。声帯の振動が多ければ高い声になり、少なければ低い声になる。カラダをスピーカーのように共鳴させて、増幅させたものを舌や唇、表情筋の動きで母音と子音を形成することで言葉になる。そこで声を響かせたい場合には、ストレッチが有効になる。

 1日、オフィスに座っている人は、首や肩、背中、胸の上半身をあまり動かさないため、慢性的な肩こりや腰痛になってしまう。上半身の筋肉が固まった状態だと、声が響きにくくなるため、筋肉をほぐすストレッチが必要になる。声を出やすくするストレッチの方法は、以下の通り。

(1)手を頭の後ろで組み、その手の重さを利用して、頭を前方に倒す。背筋は真っすぐのままで。首の後ろ側の筋肉のストレッチ。

(2)両手をクロスして、肩を押さえながら、頭を後方へ倒す。背筋は真っすぐのままで。この際、口内の舌全体が上顎に全てくっついた状態にしておく。首の前側の筋肉のストレッチ。

(3)左手を頭に添えて、手の重さを利用しながら、左側へ倒す。背筋は真っすぐ。両肩が地面と平行の姿勢。首の右側の筋肉のストレッチ。

(4)右手を頭に添えて、手の重さを利用しながら、右側へ倒す。背筋は真っすぐ。両肩が地面と平行の姿勢。首の左側の筋肉のストレッチ。

(5)(3)、(4)で行ったストレッチの状態から、首を前後に動かし、伸ばす筋肉のポイントを変える。

(6)首を大きく回す。左右両方とも。

※筋肉を伸ばしている際の呼吸は、ゆっくり鼻から吸って、口から細く吐くように意識

  • 背中、胸

(1)肩幅、背中は軽く丸め、前方に前腕部分がくっついた状態で出す。

(2)前腕を横に開きながら、胸を横に開く。同時に肩甲骨は寄せ合っている。

(3)胸を横に開いた状態をキープしたまま、手を内側に捻り込むようにしながら、上に上げる。肋骨の間を開くように、上半身全体を縦に伸ばす。

(4)挙げていた手を真横に戻していく。胸は横に開き、肩甲骨を寄せている状態。

(5)前腕部を身体の前で合わせながら、背中を丸めていく。肩甲骨の間を開く。

※(5)が終わった時点で、(1)に戻る

※(1)〜(3)までの動きを、息を吸いながら、(4)〜(5)までの動きを、息を吐きながら、一連の動きを止めることなく流動的に行うこと。

手を肩の上に置き、肘で軌道を描くようにして回す。この際、肩を支点にするのではなく、胸や背中から大きく動かす。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆