ニュース
» 2007年11月16日 07時00分 公開

日本はセキュリティ原理主義に走り過ぎか!?新しいリスクマネジメントとは(2/2 ページ)

[富永康信(ロビンソン),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 大切なのは、全社を俯瞰すること。ガバナンスと一体化し、特定のリスクに偏らないバランス意識が不可欠となる。また、リスクはビジネスオーナー自らが判断することが重要である。メリットを得るものがリスクをとる事が重要だからだ。その際に、リスク評価が重要となるが、リスク評価はあくまでも手段であり、意思決定という目的の判断材料に過ぎないことを忘れてはならない。どのようなリスク対策を選択するかは、優先度の高いリスクに対策のための資源を集中し、やりすぎの対策は簡略化させることが必要だ。

 さらに、リスクの大きさとコントロールの強さに応じた継続的なモニタリングと改善が必要となる。まず、コントロールができてからモニタリングをすることが重要だという。

 「ビジネスチャンスとリスクは光と陰。それらは切り離せないものとして認識し、ビジネスの成功のためにいかにリスクと付き合うかを考えることが大切」と話す丸山氏。ポストJ-SOXをにらみ、今後日本でもリスク・インテリジェンスを活用した「賢い」リスクマネジメントの取り組みが始まってくることは間違いないだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆