ニュース
» 2007年12月03日 09時06分 公開

リコーの経営危機を救った秘策「シグマ-E」(2/2 ページ)

[岡崎勝己,ITmedia]
前のページへ 1|2       

各国のシステムを連携させ売上の日次管理を実現

リコー本社 調達コストの大幅削減に成功したリコー

 シグマ-Eでの成功を踏まえ、同様の取り組みをベアリングといった機会部品にまで広げている。例えば、1998年には3000種類もあったベアリングの情報を5年後には185種類まで削減。すでに集中発注体制も実現しており、調達コストを35%以上削減したという。

 経営情報の可視化に向けた情報化にも積極的だ。実はリコーでは海外の会社を買収することで販売網を拡充させ、売上を拡大させる戦略をとってきた。そこで、グローバルでの売上管理を徹底するために26種類ものシステムを連携、在庫や売上情報を把握するための「Global Inventory Viwer」を整備。同システムでは、各国における日次の売上情報を集約することで、ほぼリアルタイムに売上を把握することが可能という。

 遠藤氏は、ITを経営革新に役立てるためには、先入観を持たず業務を見直すことが不可欠、という。そのためには「止められないか」「プロセスの中抜きができないか」「今までできなかった業務ができるようにならないか」――という意識を持ちつづけることが非常に重要だと語る。

 もっとも、問題にはさまざまな要因が複雑に絡み合っているため、容易に解決策を見出すことはできない。そこで必用となるのが、問題な切り分けだ。

 「複雑な問題に直面した際には、まずは原因をできる限り細かく分割すべき。その作業を通じて、必然的に対処法も明確となる。そして、本当に業務を改善したいのであれば、一番解決が容易な問題から対応にあたるべき。難しい問題から始めた場合には、かたちだけの改善活動になりかねない」と、遠藤氏。

関連キーワード

経営 | CIO | ベンダー | データベース | 買収


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆