ニュース
» 2009年12月18日 08時00分 公開

CIO主導で企業の情報管理を徹底せよ 牧野弁護士 (2/2)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ルールの糸が切れない仕組みを

 情報管理を徹底するためには、ルールの見直しも必要だと牧野氏は強調する。ルールとは規範、すなわち、やってはいけないことを明確にすることである。ここで生じやすい過ちは、たくさんのルールを作ったり、週に1本ずつメールで通達したり、言葉や概念が難しかったりすることである。これでは規範の意味をまったく持たない。

 では、明確なルールがあれば事故がなくなるのか。答えはノーで、法律があっても犯罪者が出るのと同じである。牧野氏はたこ揚げを例に「ルールは糸がつながっているときは有効だが、糸が切れたら統制が効かなくなる」と説明する。

「(情報漏えいなどによる)事故を防止することの重要性や手段を教育し、ルールを仕組みで守ることを浸透させなければならないのだ」(牧野氏)


 ※早稲田大学IT戦略研究所が12月10日開催したセミナー「第5回 Special Interest Group(SIG)」の講演を基に作成。


ITmedia エグゼクティブ編集部からのお知らせ

来たる2月25日(木)に開催される「第13回 ITmedia エグゼクティブセミナー」では、本記事でも登場した牧野二郎弁護士が「相次ぐ不祥事、なぜ情報漏洩は後を絶たないのか」をテーマに基調講演に登壇します。

企業は、個人情報保護、 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証の取得、リスク管理などに取り組み、多くの管理規定を整えてきたものの、情報漏洩にまつわる不祥事が後を絶たちません。内部統制の整備を通じて、企業はリスクを洗い出したはずですが、実際にそれをつぶす行動を起こしたのでしょうか? 牧野弁護士は、緊急性が高いものから即時につぶすと同時に、計画に基づいて着実にリスクを減らしていく戦略的に取り組みが必要だと説きます。

セミナーの詳細・お申し込みはこちら


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆