ニュース
» 2010年11月26日 08時00分 公開

ヘッドハンターの視点:守る40代、攻める50代――エグゼクティブ転職の意外な実情 (2/3)

[岩本香織(G&S Global Advisors),ITmedia]

 グローバルから見ると特殊な日本の市場環境から考えると、クライアントのニーズにマッチしているのは40代よりも、50代の方が多いのです。それに、日本の50代はまだまだ現役ですし、60代でもリタイアするのはもったいない人がたくさんいらっしゃいます。大企業であまり必要性のないポジションにしがみついて若い人たちから煙たがられるより、外に飛び出し経験・人脈をフルに生かして活躍してほしいと思います。

 また守りに入らないため、転職後、上司(主にAsia/Pacific)の言うことを聞かないのも50代の傾向かもしれません。上司の言うことを聞いても聞かなくても、実績が出せなければクビになるし、実績を出せば褒められる。まだまだ外資系IT業界はそういう世界です。

 「自分が正しいと思ったことをやる。それでダメならあきらめもつくし責任も取る。日本市場を知らない上司の言うことを聞いて結果が出なくてクビになったら何のために転職したのか分からない」という考えの方が50代には多いのです。

 40代の方は転職に関してご家族が反対することもあると書きましたが、「妻に転職を反対されています。妻を説得してくれませんか?」と言う方も少なからずいらっしゃいます。そんな時、「奥様を説得できない人がお客様を説得できるのかしら?」とか「奥様はなぜご主人の決断をサポートしないのかしら?」などと(きれいごとでしょうか・・・?)考えてしまいますが、奥様が何を不安に思っているのかをお聞きし、その不安を取り除くような情報を出来るだけお渡しするようにしています。

 ただヘッドハンターが家族の問題に深く首を突っ込むべきではありません。ヘッドハンターの仕事を始めたころに調子に乗って「はい、わたしが奥様を説得します!」と言って奥様に電話したところ「あなたうちの人のなんなのよ!?」とあらぬ疑いをかけられ話が余計ややこしくなったこともあります・・・・・・。

 奥様にはもう少しご主人の決断を信じてサポートしてほしいのと同時に、奥様から信頼されるようご主人にも頑張っていただきたいものです。そこ、ヘッドハンターはあまりお役にたてませんから……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆