ニュース
» 2011年02月01日 08時34分 公開

3K、7K、24K「IT人材不評」の犯人はだれ?〜その1生き残れない経営(2/3 ページ)

[増岡直二郎(nao IT研究所),ITmedia]

 労働時間も、第1表でも60%近くが満足しており、第2表に示すように他産業に比べて必ずしも長くない(厚労省「賃金構造基本統計調査」2008年)。

第2表 IT産業従事者の平均月間労働時間

 IT系の仕事が必ずしも3Kでないと言われるのは、昨今の日本経済停滞からくる仕事量によるのかもしれない。それにしても、3Kの噂がこれほど根強く、かつ情報系大学卒業生の半数以上が情報系以外に職を求めるのは、それなりの理由があるからだろう。

 次のデータは、その裏づけとなる。仕事や職場環境に対する最大の不満は「社内での今後のキャリアに対する見通し」(満足32.2%、不満足67.8%)であり、給与以外の悩みや問題点で1、2位を占めるのは、「このままこの仕事を続けていていいのかどうか不安になる」(37.8%)、「将来自分がどうなるのかが見えない」(37.8%)だ。さらに自分自身について、「自分の将来のキャリアが不安」(73.1%)とかなり多くが感じている(「人材白書」)。

 それは、実際の現場でヒシヒシと感ずる。ITに携わる人材にとって、ユーザー企業の場合ではCIOは1人だけの狭い道、年齢を重ねて技術進歩についていけるか、かと言ってライン業務に変わるには、偏って育っている、40歳くらいでお役御免か、若いうちの独立や転職を希望しても実際は実行困難、不満や悩みが根雪のように積もっている。IT企業でも同じだ。そういう不安や不満の要因として考えられるデータがある。

 IT人材が所属企業に対して持つイメージとして、まず「会社のビジョンが不明確」と、多くが感じている(「会社のビジョンが明確である」に「当てはまる」35.3%、「当てはまらない」64.7%:「人材白書」)。さらに「必要人材を従業員に提示できず、コミュニケ−ションに欠ける」が22%以上あり、IT人材育成で事業戦略とのマッチングがなく、戦略の定義さえない企業が40%以上もある(JISA 情報サービス産業協会「2005年白書」)。

 IT人材の意識のあり方、彼らの有効活用につき、企業の姿勢・経営方針が問われている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆