ニュース
» 2011年02月01日 14時04分 公開

ソーシャル! ソーシャル! ソーシャル! Lotus Notesは20年前からソーシャルだった!?Lotusphere 2011 Orlando Report(3/3 ページ)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
PlayBookを売り込むRIMのバルシリー氏

 Lotus Dominoとデータの同期を図るためのツールとして同社は「Lotus Notes Traveler」を提供しているが、iPhone/iPadやAndroid端末でも使えるようにしたほか、それらの主要なモバイルデバイス向けに新たなLotus Sametimeクライアントや、ソーシャルメディアの情報をアグリゲートするためのActivity Streams標準対応クライアントを開発することも明らかにしている。

 セキュリティの堅牢さから企業市場では圧倒的な強みを発揮し、Lotusにとっては長年の盟友であるResearch in Motionも、iPhone/iPadやAndroid端末の攻勢にその座が揺らぎかねない。3月に出荷が始まるタブレット型の「RIM PlayBook」を携え、共同CEOであるジム・バルシリー氏が自らオープニングのジェネラルセッションに乗り込み、「われわれは世界175カ国で暗号化されたセキュアなサービスを展開している」と一日の長がある同社のBlackBerryやパワフルなPlayBookを売り込んだ。

 昨年のLotusphereで披露されたWebベースのオフィススイート、「Project Concord」も今回、「LotusLive Symphony」として正式発表されている。現在テクノロジープレビューが入手可能なLotusLive Symphonyは、無償のオフィススイートであるLotus Symphonyのクラウドサービスといえるもので、LotusLiveと緊密に統合されているのが特徴だ。これにより、社内・社外を超えたチームで単に共同編集できるだけでなく、リアルタイムで編集したり、編集が完了したあとで共有したり、あるいはセクション単位で担当者に割り当てたり、きめ細かなコラボレーションが可能となるという。正式版の出荷は今年後半となる。

次期Notesではソーシャルメディアも統合

 また、Notesクライアントの次期バージョン、「Notes NEXT」(バージョンナンバーは直前まで未定)も年内から2012年初めの出荷を目指して開発が進められている。最大の特徴は、Activity Streams標準に対応し、旧来の受信ボックスの様相が大きく様変わりすることだ。Atomフィードを拡張したActivity Streamsによって、Twitter、LinkedIn、FacebookといったソーシャルメディアコンテントやSAPのような基幹業務のデータも1カ所に統合し、扱うことができるようになるという。

 サーバサイドであるDominoにも大きな隠し玉が用意されていた。IBMでは電子メールの機能を除いたライセンスとして「Domino Utility Server」を2002年から提供してきたが、今年のLotusphereではそのクラウドバージョンとして「Domino Utility Server for LotusLive」を発表した。従量制のほか、既存ライセンスを移行できたり、開発ライセンスなど、柔軟なライセンスモデルを用意するという。これにより、企業はオンプレミスのDominoアプリケーションを必要に応じてクラウドに移し、LotusLiveと組み合わせることでより柔軟なコラボレーション基盤へと段階的に移行できるようになる。

 なお、IBMでは将来、ソーシャルの活用がビジネスの成否を分けるとみており、21世紀の起業家やリーダーを育成する立場にある3万人以上の教授(世界の6000大学)を対象にソーシャルソフトウェアに関するカリキュラムを無償で実施するほか、今回のLotusphereにもフロリダ州の10の大学から500人を超える学生を招待し、新たなスキルとして求められるだろうソーシャルのビジネス活用を学び、ディスカッションする機会を提供している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆