ニュース
» 2011年02月09日 08時00分 公開

なぜ今50代のキャリア開発支援が必要なのか50代ミドルを輝かせるキャリア開発支援(2/3 ページ)

[片山 繁載(日本マンパワー),ITmedia]

50代ミドルの存在感とは=その評判と期待を問う

 キャリアステージ的にはさまざまなキャリアショックの時期を迎える50代。50代は企業の個人に対する期待の二極化が最大になる時期でもある。社長・役員もいれば、課長・主任クラスもいる。あえて二分すれば、トップマネジメントや技術開発を担う少数の「マネジメントリーダー期待層」と、多数の専門職プレーヤーや役職定年等でリーダーを降りた「実務成果期待層」に分かれていく。多くの50代が『キャリアの下降と離脱』(E・シャイン)に直面しながら、企業の専門職やプレーイングマネジャーなど「ベテラン社員」として頑張っている。その存在感をそれぞれの立場からとらえたのが図表1だ。

 一目で感じることは、50代の自己評価と周囲や経営層から見た他者評価に、その存在感の受け止め方に大きなギャップがあることだ。

50代ミドルの自己評価と他者評価とのギャップ

 これらを眺めると、50代社員の活用上の課題も浮かびあがってくる。それらを課題のキーワードにまとめると次の諸点になろう。そのまま強みとして活用できるものと、やや修正を加えて活用するものと、根本的に意識・態度を改めて“自己再生”的取り組みが必要なものがあることに注意したい。

強みとして活用できるもの

 1.自信の根源:過去の成功体験と企業貢献してきたという感覚

 2 . 自己の存在感 :責任感の強さ、達成意欲、忍耐力

 3 . 自己の能力感 :経験領域の仕事、人間関係には有能感をもっている

 4 . 対組織感 :染込んだミドルマネジャー感覚、任せてくれれば影響力の発揮もできる

課題とすべきもの

 1.チャレンジ意欲 :経験領域にこだわり新しいチャレンジを恐れる

 2 .自信・プライド :人に影響力を行使できるときは良いが、部下から素直に学べない

 3 .確立された仕事流儀:仕事スタイルが確立されており、新しいネットワーク的な仕事の進め方や、ソフトなコミュニケーションによる意思決定についていけない

 4.自己の生かし方 :公式の肩書き・権威・指示による仕事スタイルから、肩書きを外した時

の仕事の進め方、自己の生かし方を学ばないと孤立する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆